履歴書に短期派遣やアルバイトは書くべきか?30代40代の場合

※当ブログは、「社会人の失敗しない公務員転職術」を拡充し、「あなたが望むネクストキャリア実現」を現実的な方法で応援するブログです。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

 

僕が自分をブランドにし、短期間で稼げるようになったプロジェクトです。(約2か月おきに募集があります。)↓

●じぶんブランド革命プロジェクト

(※このページは2020年9月13日に更新されました。)

『履歴書に短期派遣やアルバイト経歴は書いた方がいいのかな?』『わたし、嘘をつけないタイプだから、、、』

おはようございます。【社会人の失敗しない公務員転職術】のがみゅさんです。

今回は、30代.40代になり、いろいろな社会人経験をしてきた中で、当然出てくる問題について書いていきます。

このページを読むことで、あなたは履歴書や職務経歴書作りで余計な時間や悩みに縛られなくなりますよ。

履歴書に短期派遣やアルバイトは書くべきか?30代40代の場合

結論からいうと、受ける会社に関係がない派遣やアルバイト経験を書く必要はありません。

公務員転職も全く同じです。

転職活動がなかなか上手く進まずに、短期間の派遣社員やアルバイトをすることもあると思います。

食べていくために仕方がないことです。

家族がいれば、何もしない方がおかしいでしょう。

むしろ褒められることじゃないですか?

しかし、次に受ける会社には関係のないキャリアである場合がほとんどです。

私は公務員を辞めてカフェ事業をしていた時に、短期間のアルバイトをたくさんしました。

ヤマト運輸の仕分けや真夜中に養殖魚をしめたり、コールセンターで働いたり、、

カフェ事業を精算して日系企業に入る前にも、トヨタの期間工を3ヵ月しました。

それらをいくつも書くと、履歴書が何枚も必要になります。

それに、次の会社にあまり関係ないキャリアとも言えない短期業務です。

食うためだけの繋ぎなのですから、アピールすることもありません。

それに、先方の人事部も興味を持ちませんし、書いてないからといって、選考には関係ありません。

『この期間は何をしてたんですか?』と聞かれても、『アルバイトで食いつないでいました。』で問題ありません。

職務経歴書も履歴書と整合性がないといけないので、履歴書と同様に書く必要はありません。

反対に、書いた方が良い場合もあります。

◆履歴書に短期派遣やアルバイトを書いた方が良いパターン

次の仕事に通じるキャリアとなる場合は、書いた方が良いでしょう。

1年以上働いた時も同様です。

アピールしたい勤務先やキャリアに絞って書くのが無難です。

相手も忙しいし、興味がないキャリアはあまり読みたくありません。

でも、派遣やアルバイトの中にも、あなたのスキルアップになったり、社会的ニーズのあるものはあります。

アピールしたい分野であなたのスキルアップができたのであれば、書いてください。

まとめると、受ける会社に通じるキャリアにならない短期派遣やアルバイトは、履歴書や職務経歴書に書く必要はありません。

転職は、有効な方法で効率的におこないましょうね。

 

 

公務員がするまちづくりってどんなこと?社会人経験者の場合は?

30代40代で公務員転職に少しでも興味がある人が読む人気ページまとめ

 

 

短期間でじぶんをブランドにし稼ぐ技術を身に着けたい方向け

僕が自分をブランドにし、短期間で稼げるようになったプロジェクトです。(約2か月おきに募集があります。)↓

●じぶんブランド革命プロジェクト

あなたのネクストキャリア探しセッション申込みはこちら

コーチング技術を使った【あなたのネクストキャリア探しセッション】をZOOMで行っています。

こんな方には特にお勧めです。(他でも可)

①ネクストキャリア・・あなたのブランドを見つけてお仕事にしたい方

②公務員転職の肝
・どんな課題の小論文でも6か月で書けるようになる、文章校正、情報収集、ライティング習得。

他、ご希望により、社会人が転機でぶち当たる壁について、課題を探し目標設定をします。そして、目標達成の技術も体感していただけます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ネクストキャリア探しセッションは無料ですが、時間は3時間半確保してください。事前アンケートを送りますので、必ず返信してください。有意義で方向性がずれないために必要です。)