50代は転職?起業?どっちが賢明?どうしたらが良いか経験から説明

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

(2022年3月3日投稿)

「俺も50代になっちゃたよ。今から転職した方が良いのかな。転職してもいつまでいられるか、、、」「いっそのこと起業しようかな。。。」

おはようございます。【ネクストキャリア実現サポーター】でライフコーチのがみさんです。

50代になると色々悩みますよね。僕はいま55歳ですけど、ぶっちゃけ50歳の時に結構悩みました。

というのも、50歳の時にリストラされたんですから。

今はコーチ業とWEB事業をしていますが、50歳の時の決断が功を奏したと今は思えています。

おかげで、サラリーマンの絶好調時代より稼げています。

そこで今回は、いま50代前後のあなたがどういう考えで働き方を決めたらいいか?について、経験からお伝えします。

あなたの今後の選択肢の1つとして参考にしてくれたら嬉しいです。

50代は転職?起業?どっちが賢明?どうしたらが良いか経験から説明

この順番で書いていきます。

50代は転職?起業?どっち?
  • 50代前後が転職と起業について考えるべきこと
  • 50代で転職すると待ち受けていること
  • 50代で転職する時は、どんな働き方を選べばいい?
  • 50代の働き方は?転職も起業も同時進行が賢明
  • 50代は転職してから起業準備は何をはじめたらいい?

50代前後が転職と起業について考えるべきこと

あなたの近所のコンビニで、深夜に60代以上くらいの男性が働いているのを見たことがあるのではないですか?

また、昼間でも60代以上の女性がコンビニやスーパー働いているのを見かけたことがあるのではないですか?

分かっていてほしいのは、この人たちはアルバイトで採用されただけラッキーな人たちです。

僕が東京にいたときや地元に帰ってきてから、全く同じ光景を目にしたことがあります。

それは、電車やバスの中、公園などで必死になって「アルバイトの求人誌」を読んでいる70歳前後の人たちです。

今は年金で悠々自適に暮らせる人は珍しい時代です。

国民年金だけの人は、60歳過ぎても普通に働いていますし、ずっと会社勤めしてきた人も余程の大企業で高い職位にいた方でない限り、アルバイトをしているのをよく見かけます。

僕は50歳でリストラされてから再び転職活動をしました。正社員にこだわっていたんです。

しかし、20社以上応募しても書類選考でことごとく落ちました。

それまでのキャリアがどうのではなく、年齢で落とされたんです。年齢相応のキャリアはありましたが、全部落ちました。

そこで、その考えを全く別物に変えたんです。プライドもキャリアも捨てて、起業をしようと方向転換したんです。

思い切り割り切りました。

でも、42歳の時のカフェ起業の時のような無謀な選択はしませんでした。(いつも書いていますが、40代以降の店舗ビジネスはやめておいた方が良いです。)

派遣社員しながら副業からインターネットでできる事業を始めたんです。

50代は嫌でも将来の準備をしないといけません。むしろ遅いくらいでしょう。

でも、まだ間に合う最後の年代が50代です。

【僕の40代以降の経緯にご興味があればこちらをご覧ください。】

ライフコーチがみさんのプロフィール:50代でコーチング起業した理由

50代で転職すると待ち受けていること

50代になると自分で築き上げた家族のことや親御さんのことなどで、お金はどんどん出ていきます。

マイホームローンなどあれば、まだまだ稼がないといけませんよね。

しかし、50代になると、それ以外にも色々な問題が出てきます。

50代で正社員転職できたら大半の人にとって最後の職場

例え50代でそこそこの職場に転職できたとしても、その会社が最後の正社員になる可能性が非常に高いと思っておいてください。

あなたがどこでも引っ張りだこの敏腕経営者や何かのプロなら引く手あまたかもしれませんが、僕のようにせいぜい部長まで出世した程度のキャリアでは、その後はないと思っておいた方が賢明です。

50代でなくてもそうなのですから。

ちなみに僕は、40歳で公務員。45歳、49歳で正社員転職しています。45歳と49歳の時はコネ転職でした。ラッキーだっただけなんです。

50代ならそういうラッキーは期待しない方が良いし、思い切って派遣社員でもしながら将来の準備をした方が賢明だと思います。

50代は体力、健康面で若い頃の無理、無茶の一気にツケが回ってきます

自分も52歳くらいから感じ始めたのですが、40代までのような無理できる体力がないことを痛感します。

健康問題も出てきます。若い頃から無理、無茶してきたツケが一気に回ってくるのが50代です。

「なんで~~?」とびっくりするほど動けないですよ。

転職して新しい場所で働くにしても起業するにしても体力と健康がカギを握っています。

だからこそ、無理が効く最後の年代と思って将来の準備をした方が良いと思います。

50代は心身ズタボロでも稼ぐ必要がある年代

しかし、そうはいってもまだまだ稼がないといけないのが50代です。

人によっては60代、70代以降でも働き続けないといけません。

そこで肉体労働をしたいですか?

僕は50代からコールセンターで派遣社員しながら副業で起業しました。

年代的に立派な肉体労働です。

コールセンター業務だけでも相当疲れます。

コールセンターで疲れるのですから60代以上になってコンビニバイトとかゾッとします。

深夜にコンビニバイトしている高齢の方を見るたびに、すごいと思います。

でも、自分はしたくありません。

50代で転職する時は、どんな働き方を選べばいい?

50代は、まず安定収入を確保することが先決だと思います。

経験もないのにいきなり起業するのは、僕はおすすめしません。株式などのトレーダーも同じです。

起業すると年がら年中お金のことばかり考えてしまいます。

僕自身の経験からお伝えしますが、専業はとてつもなくキツいです。

経済的な余裕がなければ起業してもトレーダーするにしても余裕のなさが出てしまいます。

結果、キャッシュフローが回らなくなりお先真っ暗。お金のことで夫婦間で大喧嘩。子供もかわいそうです。

だからこそ、運よく正社員転職できたとしても派遣社員しか転職先がなくても企業で勤めた方が良いと思います。

安定収入があるからこそ起業もスムーズにいくんです。

副業で一度大きく稼げても早まらないようにしてくださいね。ビギナーズラックの可能性も高いからです。

これは、いま独立起業して上手くいっている人もおっしゃっています。

上手くいっている人のほとんどは、「もう大丈夫。何があっても乗り越えられる。」と確信を持ってから脱サラしています。

コーチング起業まとめページ

50代の働き方は?転職も起業も同時進行が賢明

上で書いたことと重なりますが、転職して企業で働き、安定収入を得ながら同時進行で副業から始めることを強くおすすめします。

精神的な安定が事業に関わってくるからです。

いきなり大きなことを始める必要はありません。

インターネットを使えば、自分が出せるお金の一部(数万~数十万)で大概の事業は始められます。

会社で働きながらインターネットで出来る副業を進め、次に来る転機に備えて準備しておきましょう。

50代は転職してから起業準備は何をはじめたらいい?

ここで考えてほしいのは、将来につながる副業をするということです。

ブログアフィリエイトやコーチングなどで良いと思います。

最初は大きく稼げなくても、スキルが身に着く副業をすることをおすすめします。

コンテンツは、あなたが得意なことや困難を乗り越えた経験など人生をベースにした方が上手くいきやすいです。

コーチング起業などビジネスするならブログやってた方がいい?

50代は転職?起業?まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

僕は今でこそWEB事業とコーチング事業をしていますが、42歳のカフェ起業で痛すぎる失敗をやらかしています。

その経験から書かせていただきました。

50代は転職?起業?の二者択一ではなく、近い将来の準備を考えながら転職した先で副業からインターネットでできる副業を始めることをおすすめします。

転職先も残業が出来るだけ少ない職場、出来るだけ疲れない職場を選び、副業も本業並みに力を注げるようにしておいてくださいね。

今の賢明な働き方が、将来のあなたとご家族を助けるのですから。

最新!公務員試験日程・概要

最新!公務員試験日程・概要 これは便利!最新の公務員試験の日程をまとめて更新してくれています。

あなたが受験する地方自治体や他の自治体の情報を確認することは、公務員転職にとって非常に重要です。

日々チェックして見逃さないようにしましょう。

令和4年度公務員試験最新日程(日々更新されています)

公務員受験についてのプロ講師による無料相談

これいいですよ!↓
【EYE 公務員試験予備校|公務員講座に関する個別相談】

【講師からのメッセージ】
公務員受験の無料個別相談をプロ講師が承っています。「あなたが知りたい情報」+「あなたが知っておくべき情報」をお伝えし、あなたにとって「有意義な時間」になるよう、親身になって対応いたします。営業や勧誘などは一切いたしませんので、安心してお申し込みください。

無料個別相談へ