リストラされそうになったら必ずやっておくこと:知らないと大損

【ご挨拶】ライフコーチがみさんのブログにお越しくださいまして、まことにありがとうございます。

当サイトは、【社会人の失敗しない公務員転職術】から少し拡大し、主に転機を迎えているあなたに向けて書いています。

・脱どん底・転機の壁の乗り越えに何年も時間をかけたくないあなたのお役に立ててください。

※体験セッション受付中です。(コーチング技術を使った【ZOOMで体験セッション】を行っています。(一番下にお申し込みフォーム)

他、社会人が転機でぶち当たる壁について、課題を探し目標設定をします。そして、目標達成の技術を体感していただきます。

【体験セッションについてのページ】

●体験セッションって何やるの?

●がみさんインスタグラム(色々発信しています)

【がみさんみたいに、人に感謝されながら大きく稼げる仕事をしたい方はこちら】

●じぶんブランドプロジェクト

(*このページは2020年1月25日に更新されました。)

『あなたお帰り、、』『(妻になんといおうかな、、、)今日の面談でリストラ勧告されちゃったよ、、』

おはようございます。令和的転職コンサルタントのあみゅさんです。

前回まで、40代(人によっては30代も)の転職活動における自己分析と、あなたが失敗する時のパターン、あなたが成果を出す時のパターン、あなたが今回転職する本当の理由などを炙り出してきました。

そこで今回は、あなたが社内でリストラや何か不穏な空気を感じ始めたときに、絶対やっておいたほうが良い対策について紹介します。

私は今53歳ですが、私が40代のときに、賢明な人は間違いなくやっていたことです。

敵は作らない、味方になってくれる上司がいるという場合も、リストラとなると、あまりあてにはできません。

味方ともども道連れなんてこともよくあります。

『え?そんなことまでやるの?』とあなたは思うかもしれませんが、40代で家族がいると、会社のリストラごときで家族を路頭に迷わせるわけにはいきませんので、是非おこなってくださいね。

※大切にするべきは、会社やめんつではなく、あなたとご家族です

リストラされそうになったら必ずやっておくこと:知らないと大損

もしかしたら、あなたのこれまでの人生で最大の自己防衛策になるかもしれません。

しかも、今回は家族の防衛策です。

何事も起こらず、退職金も上乗せされ、転職先も斡旋されての円満退職ならラッキー。

しかしこの自己防衛の習慣は、転職先でこそ使える対策ですので、身につけておいてください。

リストラと言う会社都合なのに、自分と家族の人生が損をすることにならないようにしましょう。

それでは箇条書きで説明します。

リストラされそうになった時の防衛策

①面談時に注意:毎回必ずボイスレコーダーで会話を録音。
②成果物と勤務表、給与明細は整理し印刷して持っておく。
③同僚の会社内の会話に付き合わない。
④金は貯めておく。

①面談時に注意:毎回必ずボイスレコーダーで会話を録音。

私も最初、先輩からアドバイスをもらった時は『え? そんなことまでしてるの?』と非常に驚きました。

しかし、40代後半では助けられたことが2度あります。

それは、面談時は必ず『ボイスレコーダー』をポケットに忍ばせておくと言うことです。

今はスマホに必ず付いていますし、アプリでもダウンロードできます。

私が45歳くらいの時は、もはやボイスレコーダーは普通で、クレーム対応などに使っていました。

いわゆる『証拠を残しておく』ということです。

面談の声がかかったら、当日の面談に呼ばれる直前にスイッチをONにしておいてください。

『声がかかる』という段階から録音を開始します。

これはもし、不当解雇などで訴える際に、相手に言い逃れをする隙を与えないためです。

会社相手の交渉にも使えます。

『言った。言わない論』にならないようにするためでもあります。

私の上司(役員)で非常に優秀な方がいました。

将来は社長になるのでは?と言われていたほど優秀な方です。

もちろん、会社への功績も大きく、彼のおかげで会社が救われたことも多かったのです。

しかし、外資系企業から来た社長と1回だけの面談で、翌日『辞めてください』と言われてしまいました。

新しいCEOからしたら、優秀な役員は『目の上のたんこぶ』で、自分が上手くリーダーシップを取れない可能性が出てきます。

最初の面談で、彼とCEOの今後の会社の舵きりの方向性が違ったのです。

だからリストラ。

彼は頭が良い方でしたので、もちろん録音し、あっさりと不当解雇で多額の慰謝料を奪い取っていました。

そういう私も経験があります。

4回目の転職先で、突然会長から呼ばれ、嫌な予感がしたのでボイスレコーダーON。

会話の一部始終を録音し、リストラされた翌日には弁護士と合っていました。

弁護士も、これほど決定的な証拠を持っているので、仕事を引き受けてくれます。

注意:あまり証拠がない場合は、ほとんどの弁護士は、あなたの依頼は断るでしょう。

裁判の場で、『録音しています』と、証拠を出した時には、相手もその弁護士も本当に驚いていました。

水戸黄門の印篭並みの効果があります。

その時の私みたいに、何も言われる筋合いがないほど仕事をしていたのに、理不尽な理由を何かと付けられてリストラされることはあります。

転職先では、あなたがプロパーでいた会社の10分の1も、あなたを大切にしてくれません。

結果私は、慰謝料を100万円出させました。

相手も相手の弁護士も『録音が小さすぎて聞こえない』などと苦しい言い逃れをしょうとしていましたが、なす術もなく、結果は私の一方的な勝利です。

もし家族のために、会社と闘うことになるのであれば、40代らしく大人の喧嘩をしましょう。

●早期希望退職制度に応募するか会社に残るか?45歳リストラで未来予想

②成果物と勤務表、給与明細は整理し印刷して持っておく。

これら印刷物も、あなたを守ってくれます。

成果物は、あなたが会社にもたらした功績です。

その功績を堂々と見せられるように整理し、それを具体的に賞与や昇進で評価されているのか?を聞いてください。

『それは、あなたの上司しかわからないからなあ』なんて人事部がとぼけても、それも録音です。

また、タイムシートと、本来働いた時間が分かる勤務表も印刷して整理しておいてください。

相手が最も恐れるのが、労務管理です。

セットで給与明細です。

あなたが働いた時間や付くべく手当てが、しっかり付いていないか確認するためです。

リストラのために呼ばれた面談であれば、上記で会社に残れる可能性は、ほとんどないですが、退職後や転職活動にはお金もかかりますし、あなたも悔しいと思います。

転んでもただでは起きないくらいのしたたかさを持っておいてください。

③同僚の会社内の会話に付き合わない。

一番慕ってくれた後輩や仲が良いと思って、飲みやランチ、喫煙所などで心を許して何でも話していた人が、実は一番の敵だった!ということも、特に男社会ではあるものです。

日頃から、会社や同僚、上司の愚痴などは言わないにこしたことはないのですが、リストラ前は特に要注意です。

うかつな発言はしないほうが身のためです。

もしかしたら、後輩や同僚は全然悪気はないかもしれません。

しかしうっかり、その人が何でも話せる他の同僚に『ココだけの話、●●さんって今度リストラされるかもしれない。原因は●●らしいよ』なんて、1度でも話されたら、その話には尾ひれがついてどんどん拡散していきます。

それに愛想よく話しかけてくる人は、誰にでも愛想がよいものです。

『ココだけの話さ』と、どこでも話している可能性があります。

あまり考えたくないですが、転職先でも同じです。40代の転職先では足引っ張りやこそこそ話しなどが蔓延しています。

特に30代、40代の転職者がたくさんいるような転職先は要注意です。

男の嫉妬や足引っ張りは、女性よりたちが悪いです。

家族のために気をつけましょう。

④金は貯めておく。

退職や転職において、お金は非常に大事です。

一番大事です。

本当に羽根が付いたように飛んでいきます。

まずは退職理由を必ず『会社都合』にしてもらってください。

信じられない話ですが、リストラに追い込んでいるのに『自己都合退職』扱いしてくる、とんでもない会社も存在します。

会社都合と書かれていないなら、会社に突き返してください。

自己都合では、失業保険が出るのに最低3ヶ月はかかります。

しかし会社都合であれば、1ヶ月目から失業保険が出ます。

あなたが心身ともに追い込まれた自己都合退職であれば、ハローワークも『特定受給資格者など』に認定し、早く支給してくれることも多いのです。

ハローワークの特定受給資格者・特定理由離職者のページを貼っておきます。

特定受給資格者及び特定理由離職者の範囲など(ハローワークHP)

以上、いろいろ自己防衛策をご紹介しましたが、これらを行っておけば、何もあなたが感情的に口角泡を飛ばして苦しみながら闘う必要がなくなります。

まとめ

不当なことは不当と、冷静に対応できるようにする方法です。

そして、退職したら必ず発生するお金の問題も対応できます。

あなたが守るのは、可愛いお子さんと、あなたを支えてくれる奥さんです。

リストラされそうになったら必須の防衛策ですので、是非準備しておいてくださいね。

40代リストラ防衛策

①面談時に注意:毎回必ずボイスレコーダーで会話を録音。
②成果物と勤務表、給与明細は整理し印刷して持っておく。
③同僚の会社内の会話に付き合わない。
④金は貯めておく。

次のページでは、脱サラで成功しやすい職種と99%大失敗一家離散する職種は?について紹介していきます。

次のページ

●脱サラで成功しやすい職種と99%大失敗一家離散する職種は?

●早期希望退職制度に応募するか会社に残るか?45歳リストラで未来予想

 

【このサイトの代表的なページ】

令和は民間から公務員転職成功し人生楽勝!?実際はどうなのか?

体験セッション申込みはこちら

コーチング技術を使った【ZOOMで体験セッション】を行っています。

こんな方には特にお勧めです。(他でも可)

①公務員転職の肝
・どんな課題の小論文でも6か月で書けるようになる、文章校正、情報収集、ライティング習得。
・社会人経験者の公務員面接対策の短期習得。
②公務員から民間へ転職・起業。
③30代・40代の効果的な転職方法。
④人生どん底からでも短期間で這い上がる方法。
⑤リーダーシップスキル・コミュニケーションスキル・対人関係のスキル習得向上。
⑥人見知り解消

他、社会人が転機でぶち当たる壁について、課題を探し目標設定をします。そして、目標達成の技術を体感していただきます。

【体験セッションについてのページ】

●体験セッションって何やるの?

●がみさんインスタグラム(色々発信しています)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(短期セッションは無料ですが、時間は4時間確保してください。事前アンケートを送りますので、必ず返信してください。あなたの正しい目標達成のために必要です。)