公務員面接で社会人経験者によくされる質問とは?僕も質問されました

【社会人の失敗しない公務員転職術】のコンセプト

【社会人の失敗しない公務員転職術】に訪れて頂き、誠にありがとうございます。当サイトは、「社会人採用枠で公務員転職をしたい方」に向けて、私の成功体験から、働きながら効率的に1年で準備できるノウハウや情報を整理して発信しています。特に社会人が公務員試験に合格するために最も重要な小論文対策のページは必読です。日々忙しいけど、勉強に何年も時間をかけたくないあなたの公務員転職に、是非お役立てください。がみゅ

【社会人対象公務員最新求人情報はここが一番】
リクナビNEXT

 

(2020年8月9日投稿)

「民間企業出身者の公務員転職面接ってどんな感じなの?民間とはやっぱり違うよね..」「公務員面接の対策ってどんなこと?よくされる質問くらいは知っておきたいな。」

おはようございます。【社会人の失敗しない公務員転職術】のがみゅさんです。

年に一度の待ちに待った公務員試験。

それも面接まで進んでしまった!ここまででも「よくやった!おれ!!」と言いたいところでないですか?

確かに公務員転職の面接まで進んだあなたはすごい。よく頑張った!と言ってあげたい。

しかし、最後の選考である「面接」が「あなたを合格させるか落とすか」「他の人と比較してどうなのか?」「うちに来て頑張ってくれそうな人なのか?」「そもそも公務員という組織に向いているのか?」「周囲との協調性はあるのか?」などなどいろいろな角度から他の候補者と比較して相対評価されてしまいます。

そこで今回は、公務員転職面接でよくなげかけられる質問について書いていきます。

聞かれる可能性が非常に高い質問です。

知っておくのと知らないのでは、本番では全然違いますので、是非心得ておいてくださいね。

公務員面接で社会人経験者によくされる質問とは?僕も質問されました

このページの流れ
  • 社会人経験者の公務員試験の面接で、ほぼ全員にされる質問はこれ。
  • 社会人経験者が公務員面接で余計な質問をされないための戦略とは?
  • まとめ
  • 公務員転職シリーズ

社会人経験者の公務員試験の面接で、ほぼ全員にされる質問はこれ。

結論から言いますと、「あなたがクレームを受けたらどう対処しますか?」という質問です。

意外だ!と思われるかもしれませんが、公務員は行政サービスを行うのが仕事です。

施策など様々な活動や給与などの財源は、すべて税金です。住民に対して当たり前のように、よく整備された快適なサービスを公平に構成に提供するのが仕事です。

今回の10万円の給付金騒動でも問題になったように、困っている人に早く的確に提供できないと、当然罵声のようなクレームが飛んできます。

受けて当たり前のものを受けられないとなれば、財源を担っているあなたも怒りますよね?公務員はそういうことの矢面に立っています。

担当によっては、たった1人で窓口になり、すべてのクレームを受けている公務員だっています。

そのような環境から、公務員はうつになって病院に通ったり休んだり、長期入院する人は多いのです。辞める方も数多くいます。

既存の公務員は新卒や既卒など、学校を卒業してそのまま入庁した人や、少し社会人をかじって、あまり社会人経験がないまま入庁した人が圧倒的に多いのは、あなたもご存じの通りです。

そんな世間知らずが、住民から二回りも三まわりも年上の大人から、罵声のような脅しのようなクレームを受けたらどう感じるでしょうか?

あなたも社会人になりたての頃に感じたような、ド緊張とびびりまくり、汗だらだら、挙句には泣き出す…ような心境になっているのです。

今のあなたのような、クレーム応対の百戦錬磨で、ちょっとやそっとの脅しや罵声には微動だにしない状態ではないのです。

そこで、社会人経験豊富なあなたには、既存職員のメンタルヘルスのためにも、クレーム応対の考え方を聞いておきたいという切実な背景があります。

ここで現職採用官が執筆している書籍から抜粋したものを紹介します。

【求められるクレーム対応力】

社会人経験者に求められるのがクレーム 対応です。社会人経験があれば、クレーム対応についてもやはりある程度はできるものと判断されます。

最近はどこの自治体でも、クレーム対応力は必須となっています。住民と直接対応する窓口はも当然こと、学校で起こった問題を教員に相談せず直接教育委員会に苦情が入ったり、事業者が許認可をめぐってクレームを言ってきたりなどは、今や当たり前になってきました。

こうしたクレームに対応できず、メンタルの問題を抱えてしまったり、職場を長期間休んでしまう自治体職員も少なくありません。

新卒の公務員の場合、社会人として経験がないことなどから、案外こうしたクレーム対応に弱い職員もいます。

こうした背景から、社会人経験者には適切にクレーム対応をすることが求められています。

引用・参照書籍

公務員試験 現職採点官が教える!社会人・経験者の合格論文&面接術/春日文生著

このように、現職の採用官が行っているほどクレームに対する取り組みは、公務員の重要な課題になっています。だから、結構高い確率であなたに質問される可能性は高いのです。もちろん僕も質問されました。

採否に関係あるかどうかは疑問ですが、しっかり答えられないと、あなたの本番でのメンタルに影響してきます。

【クレーム応対】に対する、社会人経験豊富なあなたならではの答えをしっかり用意しておいてくださいね。

それでは、面接でクレーム応対以外の余計な質問をされないための戦略について紹介します。

社会人経験者が公務員面接で余計な質問をされないための戦略とは?

次に、余計な質問をされないための準備、言い換えれば【あなたが聴いてほしい得意分野】に質問が集中するための準備について紹介します。

まず、社会人を採用しようとしている公務員面接の背景について、今まで書いてきたことを少し整理します。これを知っておくと、あなたにも余裕が生まれますよ。

以前書いた「公務員の面接って圧迫面接なの?」という記事でも述べましたが、非常に重苦しい雰囲気の中で行われるのが公務員面接です。

住民から徴収している税金を使っていること。または、面接官が日頃硬い仕事をしていることからくる「採用側の緊張」から圧迫面接っぽく感じてしまうのですが、決してあなたを落とそうと考えて行われるものではありません。

つまり、先方はあなたに対して圧迫面接しようとはかけらも考えていません。(入庁してからそれは分かりました)

むしろ、あなたのキャリアや論文などを見て、「どんな人なんだろう?」と、とっても興味津々でいるわけです。会うのが楽しみ!という状態であなたを迎えます。

面接官は複数のことも多く、県や市・区の本部長や地元のキーマン(プロサッカーチームの社長・地場産業の社長など)がいます。場合によっては副市長などが面接することもあります。大体複数の面接官がだだっ広い部屋で複数人:あなた1人という割合で行われます。

これでは緊張するな!という方が無理です。だからこそ、職務経歴書や論文で、質問されやすい(質問が集中する)あなたの得意分野をアピールしておく戦略が必要となります。逆に、この戦略を取っておかないと、あなたは面接には進めません。【興味を持たれる人材】として相手に感じさせないといけません。

同じ仕事内容を長年やってきた人でも、入り口の戦略で何も考えていない人と、よく戦略を練った人では大きな差が出てきます。

あなたのキャリアと、受験する地方自治体や国が抱える社会問題、受験する地方自治体で生かせそうな産業や特産品、地の利などを、あらかじめ論文やキャリアシートでアピールしておくことが、あなたが公務員転職を有利に進めるカギになります。

だからこそ、転職活動のスタートは【自分のキャリアの棚卸し】からスタートしましょうと、このサイトでは伝えています。

余計な質問をさせないこと。あなたの得意分野に質問を集中させること。あなたの人物像をイメージしてもらいやすくすること。これらを戦略に組み込んでおくことで、あなたには余裕が生まれます。

公務員転職のために準備しているあなたも、余計な質問をされずに、得意なことに興味を持たれるような準備を是非してほしいと思います。

社会人経験者の公務員転職面接まとめ

僕も同期もそうでしたが、みんな働きながら勉強して公務員試験の本番に挑んでいます。

一般教養対策と同様に、忙しいあなたには余計なことをする暇はないと思います。

面接対策も、あなたの①得意分野(あなたがいくらでも答えられること)に採用側の意識を持っていくことと。
②クレーム応対はかなり高い確率で聞かれるということを念頭において効率的に準備して本番を迎えてくださいね。

公務員転職の最後の難関【面接】対策まとめページ

【1年で合格!当サイト一押しの伊藤塾】

公務員受験成功のためのおすすめの塾、予備校は?:実績は?費用は?

【当サイトでは、社会人経験者の公務員転職成功術を色々と紹介しています。是非ブックマークしてお役立てください】

社会人の公務員転職の肝【小論文対策】まとめページ

私(がみゅさん)の自己紹介と当サイトのこと

はじめまして。【社会人の失敗しない公務員転職術】を書いているがみゅさんです。このサイトは、私が40歳(合格時は39歳)でマクドナルドの店長から公務員転職に成功した体験をベースに、民間企業で働いてきた社会人のあなたが公務員のキャリア転職に成功できるよう、具体的な対策や勉強内容・勉強方法・インプット&アウトプットの効果的な仕方・公務員事情などを一次情報として発信しています。

公務員になるのは難しいと感じている人が多いのは分かります。何故なら僕もそうだったから。でも、今まで社会人として民間企業で真面目に働いてきたあなたには、公務員合格の要素が十分すぎるほどあります。

当ブログは、僕の経験・同僚や後輩の経験・入庁して知った人事の課長や同僚から聞いたこと、その他入庁後に仲良くなった様々な人たちと働いて語ってみて分かったことの中で、あなたの公務員転職の役に立ちそうなものを選んで書いています。

公務員転職のノウハウ本は数多くありますし、塾もあります。このブログでは、実際に民間企業から公務員(県庁)に一発で合格し転職できた男からの応援という形で、今から公務員転職を目指すあなたに様々な情報を届けていきます。体験した本人にしか分からない情報満載です。

是非ブックマークして、今後もあなたの公務員転職にお役立てください。よろしくお願い申し上げます。

在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」

1年で公務員合格を目指すならここ!

社会人対象の公務員最新求人探しはリクナビネクスト必須