公務員転職サイトおすすめ2選とは?ココは登録しなきゃ大損!?

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

【インプットは1.5倍速以上で耳からが効果的】

(2022年5月16日更新)

「公務員転職って、民間が運営する転職サイトに登録するメリットってあるの?」

おはようございます。【ネクストキャリア実現サポーター】でライフコーチのがみさんです。

今回は公務員転職を目指すあなたが登録しておいた方が良い転職サイトを、2つに絞って理由と共に経験をもとに紹介します。

結論から言えば、【社会人経験者採用枠の公務員求人】を掲載している転職サイトに登録しないと、せっかく頑張ってきたのにチャンスを逃すという致命的な損をするかもしれません。

公務員転職もやっぱり民間企業に転職するのと同じ転職です。僕ももちろん登録しました。

転職サイトに登録しておかないと、募集している地方自治体や求める人物像、その自治体のビジョンや取り組んでいることなどが分からなかったと思います。

つまり、「公務員の求人を見逃すリスク」と「的を絞った直近の受験対策ができないリスク」があるということです。

ここでは、同期も僕も後輩も登録して募集に気づいた転職サイトを2つ紹介します。

公務員転職サイトおすすめ2選とは?ココは登録しなきゃ大損!?

このページの流れ
  • 公務員になりたい人が登録しておきたい転職サイトはどこ?
  • 公務員転職を目指す民間企業出身者が転職サイトに登録するメリットは?
  • 公務員を目指す民間企業出身者が転職サイトに登録しないと損する理由とは?
  • 公務員になりたい人が登録しておきたい転職サイトまとめ

公務員になりたい人が登録しておきたい転職サイトはどこ?

公務員転職したい人が登録すべき転職サイトは、リクナビネクストとビズリーチです。

なぜなら、公務員採用側としても、以下のようなことを考えるからです。

①たくさんの人に募集を告知したい。・・この点ではリクナビネクストが適しています。何より転職希望者が数多く登録する最大手転職サイト。

②採用側の求人要綱に合う人材がいないか?など該当する人に対し、自治体側から直接アプローチしたい。・・この点ではビズリーチが有効。自分からアプローチもできますし、先方から個別に興味を持ってもらえます。ダイレクトオファーが来ることもあります。

 

リクナビNEXT 

 

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

公務員転職を目指す民間企業出身者が転職サイトに登録するメリットは?

公務員転職希望者が転職サイトに登録すると、以下のようなメリットがあります。

①公務員の採用側は、やはり最大手で募集したいものです。

だからこそ、多くの人の目に触れることが最重要だと考えています。

そして、優秀な人にきてもらいたい。

受験準備をしている人だけを求めているわけではありません。

活躍してくれる人に来てもらいたいと考えています。

民間企業で活躍していた人は、やはり公務員としても活躍してくれる可能性も高い。

そのような人は、転職の情報収集も様々な角度からしっかり行っているものと考えています。

だから、リクナビネクストとビズリーチなどの大手に当然求人を出します。

あなたもこの2つの転職サイトを見て頂くとわかると思いますが、求人数は圧倒的に多いです。

当然、公務員の求人情報も圧倒的に多いです。

プライベートオファーが来やすいのも、この2つの転職サイトになります。

人事担当者も、登録者をくまなく探しているのです。

それでは、転職サイトに登録しないと大損する理由を説明します。

公務員を目指す民間企業出身者が転職サイトに登録しないと損する理由とは?

①何と言っても、募集していることに気づかないことが損する一番の理由です。これはかなり痛い。

同じ自治体であれば、次のチャンスは1年後になります。

僕もリクナビネクストに登録してリサーチしていなかったら、絶対に公務員の求人に気づかなかったと断言します。(公務員になろうともなれるとも思っていませんでした。)

それに、各自治体HPの堅苦しい募集要項より、民間企業みたいに自由に魅力をアピールしたり、少しくだけた表現で表現されているのも民間の転職サイトの特徴です。あなたもとっつきやすいはずです。

求める人物像や、自治体が目指す姿などは、転職サイトに詳しく紹介されています。自治体HPに簡単に紹介されているのとでは大違いです。

公務員募集は、割と早い時期にスケジュールが公開されますが、締め切り1~2か月前に大々的に転職サイトに掲載されます。

ここを見逃すと、あなたは大チャンスを見逃すことになります。

そもそも申し込まないと何も始まりません。

そして、受験する自治体が目指す姿が分からないと、あなたも直近の対策を立てられません。

キャリアシートや論文などの課題を有利に進めるのが難しくなります。

ライバルはやっているのにもったいないと思いませんか?

情報収集の差が結果に大きく影響してきます。

できるだけ効率的に的を絞って準備したい忙しい社会人にとっては、転職サイトを活用することで的を絞りやすくなります。

②国家公務員、各地方自治体の求人情報も確認しておくことで今年の公務員試験の傾向が分かり対策もしやすい。

リクナビネクストやビズリーチには、国家公務員の求人情報、地方公務員の求人情報が掲載されます。

あなたが受ける公務員の種類が何であれ、他の求人情報から「今年の傾向」を探ることも社会人としてやっておくべきです。

公務員転職であっても転職サイトに登録しておくメリットは大きいんです。

このような理由から、転職サイトには登録している方が賢明です。

公務員になりたい人が登録しておきたい転職サイトまとめ

今回は公務員に転職したい人が登録しておいた方が良い転職サイトを2つ紹介しました。

多忙なあなたがチャンスに気づき、的を絞って対策を効率的に行いたいのであれば、転職サイトは民間企業の転職同様にリクナビネクストとビズリーチの2つは登録しておくことを強くおすすめします。

あなたとご家族の幸せのために、チャンスにはできるだけ多く気づくようにしておきましょう。

 

リクナビNEXT

 

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

 

1時間セッション申込みはこちら

コーチング技術を使って【1時間セッション(2000円)1時間超える場合は30分1000円の延長料金】をZOOMで行っています。

ご希望がない限り、私からその後の本契約をご案内することはありませんので、お気軽にご連絡ください。

こんな方には特にお勧めです。

①今後のキャリア相談・・転職や人生の転機にいるなど、今後の生き方の相談。

②コーチング起業したい方の相談。

③公務員転職・公務員から転職や起業などの相談。

④アラフォーから40代の転職・起業相談

⑤組織のリーダーが抱える相談。

他、ご希望により、社会人が転機でぶち当たる壁について、課題を探し目標設定をします。そして、目標達成の技術も体感していただけます。相談感覚で、お気軽にお申し込みください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

はじめまして。ライフコーチのがみさんです。 本名は今神雄一(イマガミ ユウイチ)と申します。 【専門分野】 《ネクストキャリア実現コーチ》 《影響力最大化コーチ》 《リーダーシップコーチング》 《WEBマーケティングコンサル》 ・パーソナルコーチング ・企業向けコーチ+コンサル コーチング歴は会社員時代より23年間。 このサイトは、中でも【あなたが望むネクストキャリア実現】を目的に構成しています。 【私の40歳からの転機プロフィール】 ・40歳:日本マクドナルド⇒地方公務員へ転職/まちづくりプロジェクト ・42歳:公務員⇒カフェ起業・清算 ・45歳:どん底~半年で大手民間企業へ最就職/国内・海外マーケティング/PMO ・50歳:リストラに遭遇。正社員の道を捨て派遣しながらWEBビジネス開始 ・54歳~:パーソナルコーチング・キャリアコーチング・企業向けコーチング起業 これらが、厳しい40代を生きてきた私が具体的に提案できる【ネクストキャリア】です。 今は社会情勢的にも大変な方が多いと思います。 当サイトは、そのような転機にいるあなたの役に立てるよう、私が体験してきたことをメインにお伝えしています。 是非ブックマークして、今後のあなたの転機の乗り越えにお役立てください。よろしくお願い申し上げます