40代の転職面接想定質問に対する回答例⑥:長所と短所

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

【インプットは1.5倍速以上で耳からが効果的】

40代 転職 最終面接 

(2022年2月22日投稿)

『絶対に聞かれるよな。。長所と短所。』『長所なんていくらでも言えるけど、短所はなんて応えたら良いんだろう?』『まさか短所はありませんなんていえないよな。』

おはようございます。【ネクストキャリア実現サポーター】でライフコーチのがみさんです。

本シリーズは、『40代の転職面接において、聞かれる可能性が高い質問の想定問答』について紹介しています。公務員転職でも同じなので参考にしてくださいね。

今回は、聞かれる可能性が高い【あなたの長所と短所】の答え方について書いていきます。

40代の転職面接想定質問に対する回答例⑥:長所と短所

この順番で説明していきます。

長所と短所答え方

■長所は具体例を、短所は克服しようとしている方法を混ぜる。
■例:40代面接で、長所と短所の具体的な答え方。
■面接での質問『長所と短所』答えるべきではない例。
■40代の面接で、長所と短所を聞かれないようにする方法。

長所は具体例を、短所は克服しようとしている方法を混ぜる。

なぜかというと、面接官は次のようなことを探っているからです。

・長所:その長所が口先で繕っているわけでなく、しっかりした具体例やエピソードなどがあるか?

つまり信じられるか?ということです。

・短所:面接官も人間です。短所は誰にでもあることは、当然分かっています。面接官自身も短所はあるのですから。

要は短所はあるけそ、それにあなたがどう向き合い、改善のための努力をしているのか?

こういうことを知りたいのです。

例:40代面接で、長所と短所の具体的な答え方

ここで気をつけないといけないのが、あなたは40代ということです。

新卒や第二新卒の若者のような『元気がとりえです』『根性はあります』的な回答は、あなたの思慮の浅さを露呈してしまいます。

40代の大人のビジネスマンらしく答えたいものです。

答え方例

『私の長所は、責任感が強いことです。特に人の時間を奪わないように、日々気をつけています。自分の仕事は早めに終わらせるなど、手帳で予め前倒しで計画しています。

また、クライアントの信頼を得る意味も含めて、約束時間にはいつも余裕を持って、先方が予期していないけど欲しがりそうな情報も用意するように心がけています。

そのせいか、私を指名して仕事を依頼してくるクライアントも、現在5社ほどあります。』

『反面私の短所は、ひとりで仕事を抱え込んでしまうことです。相手の時間を奪わないように早めに仕事を進めていることもあり、またリーダーとしての立場のせいか、チームの問題点を全て自分の責任と思ってしまいます。

よく上司から【もっと周囲に甘えろよ】などといわれていました。(ここから過去形)。そこで、書籍でリーダーシップの中でも、権限委譲とエンパワーメントを学び、それを活用して部下や他部署に、期限と担当を確約して仕事を委譲するようにしています。

自分でも驚いたのですが、自分で抱え込んでいた頃より、ずっと大きい成果が出て、結果的に自部署だけでなく、他部署のパフォーマンスもあがりました。思わぬ効果でした。』

このように、短所も言い方によっては、物凄い武器に変えられるんです。

それでは、面接で長所・短所で答えるべきではないことも書いていきます。

面接での質問『長所と短所』答えるべきではない例

精神的な弱さが露呈してしまうような短所の答え方は止めておいたほうが良いです。

なぜなら採否に関わってくるからです。

短気・メンタルが弱い・すぐかっとなるなどは避けてください。

計画性がないなども致命的です。

40代の面接で、長所と短所を聞かれないようにする方法

これは、予め職務経歴書や面接の途中で、エピソードの中にあなたの人間性が関係していることを、暗に入れて話すことです。

部下をうまく使ってチームで成果を出したことがあるなら、責任感が強い人と思ってもらえます。

過度のプレッシャーに対してアンガーマネジメントなどで対処した経験があるのであれば、ストレスに上手く対応できる人と思ってもらえます。

稀にですが、【過酷さや難易度が高いことで有名な企業】にいた場合、『あの企業でこの職位になったのなら、(この成果を出したのなら)きっとうまくストレス回避して、結果責任も果たしてくれる人だろう』と思ってもらえます。

このように、40代の転職面接で聞かれる『長所と短所』については、大人のビジネスマンらしく、ビジネス現場でのエピソードや対処して来たことを入れて答えていきましょう。

ニーズが多いので、質問の答え方をまとめています。↓

40代転職面接で「困る質問」への答え方まとめ

40代転職面接で「困る質問」への答え方まとめページ

自分に自信がない人、この機会に「変わりたい!」と思っている方へ

私がコーチとして専門にしている分野は、「ネクストキャリアサポート」と「影響力の最大化」です。

「変わりたい!」「次の職場では、生まれ変わった自分で生き生きと働き必要とされる人材になりたい!」という方は、こちらのページもご覧ください。

「変わりたい!」「影響力がほしい!」あなたを【影響力最大化コーチ】が実現!

自分の経験をコンテンツに!コーチング起業はここがおすすめ

40代の転職は、一度決まったらもうない、、というのは大間違いです。

あと1~2回はあるでしょう。

だから、採用されても、副業からでも将来の準備を進めておくことをおすすめします。

僕が54歳で入学し、稼げるコーチ起業を3か月で叶えたスクール【じぶんブランド革命プロジェクト】の紹介をしています。

僕も副業からスタートでした。

いま将来に悩んでいる方は、是非ごらんになってください。

考えもしなかった選択肢が見つかるかもしれません。

経験したからこそ分かる【メリット・デメリット・向いている人・向いていない人・参加される方へのアドバイス】などを書いています。起業や副業をお考えの方は、ぜひご覧ください。

自分ブランド革命怪しい?実際に経験した私が正直に感じたことを説明します

じぶんブランド革命プロジェクトについて、もっと詳しく聞きたい方は、下記LINEからお気軽にお問い合わせください。

友だち追加

 

1時間セッション申込みはこちら

コーチング技術を使って【1時間セッション(2000円)1時間超える場合は30分1000円の延長料金】をZOOMで行っています。

ご希望がない限り、私からその後の本契約をご案内することはありませんので、お気軽にご連絡ください。

こんな方には特にお勧めです。

①今後のキャリア相談・・転職や人生の転機にいるなど、今後の生き方の相談。

②コーチング起業したい方の相談。

③公務員転職・公務員から転職や起業などの相談。

④アラフォーから40代の転職・起業相談

⑤組織のリーダーが抱える相談。

他、ご希望により、社会人が転機でぶち当たる壁について、課題を探し目標設定をします。そして、目標達成の技術も体感していただけます。相談感覚で、お気軽にお申し込みください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇