公務員から民間企業へ転職したらどうなる?経験から解説

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

【インプットは1.5倍速以上で耳からが効果的】

(2022年4月2日更新)

『頑張った分だけ稼ぎたい』『俺もっとやりがいのある仕事をしたい!』『民間企業って自由そう』

おはようございます。【ネクストキャリアサポーター】でライフコーチのがみさんです。

今回は『公務員から民間企業へ転職』シリーズの3回目です。

民間企業はどんなところ?ということを、前回、公務員と民間企業を色々な点で比較しながら、どちらのパターンも経験した中で感じたことを解説してみました。

今回は、あなたが民間企業へ転職したらどうなる?という切り口から書いていきたいと思います。

このシリーズでは毎回書いていますが、私は民間企業から公務員に転職したときも、公務員から民間企業へ転職したことも一切後悔していません。

どちらもいいところ、悪いところがありますし、どちらもやりがいがあるからです。

さて、それでは、、、

公務員から民間企業へ転職したらどうなる?経験から解説

このページの流れ

①民間企業は休めない・休みにくい。
②あなたにとっては、超絶な短期の成果が求められます。
③上司からいわれる言葉や、会社から求められるものが違いすぎます。
④社会のお役に立っている感は、あまりありません。
⑤今の時代、長期ローンなどは怖くて組めない。
公務員から民間企業に転職したらどうなる?まとめ

民間企業の詳しい状況については、前回のページを読んでいただければ、よく理解していただけると思います。

確かに公務員より融通は効きますし、自由度は高いかもしれません。

だからといって、やりがいがあるとは限りません。やりがいがあるかないかは、選んだ企業やあなたの能力次第です。

順番に代表的なものを書いていきます。

①民間企業は休みにくい。

公務員は休む権利というものを行使しやすい傾向があります。

有給休暇などはその典型で、公務員は毎年全ての有給休暇を取得しないといけません。

民間企業では、有給休暇を取得するのは非常に難しいという会社も、まだまだ数多く存在しています。

『来月は、有給で3連休を取得したいんです。』

『は?・・・・・・・・・・そ、そうなの?もっと早く言ってくれないと…』

上司はこんな反応です。

心の中では『普通休まないよな。こんな大変な時に、、』なんて思われています。

民間企業の有給取得は、夏季休暇や年末年始休暇などに、全員一律3日間とか決められたりして全て取得するのは、ほぼ不可能です。

年間丸々取得する人は、ほとんどいません。

風邪引いても、それくらいでは休めないのが民間ですが、公務員は風邪引いたら休めます。

そんなことが、あなたに待っています。

②あなたにとっては、超絶な短期の成果が求められます。

 公務員は、市民課や保健などの仕事でない限り、多くが長期間で取り組める仕事だと思います。

反面、民間企業は1年、四半期、毎月というように、1年間で出したい業績があり、それを細分化した毎月出したい業績があります。

当然のように、今週中や今日中、今月中など、短期で期限を設けられた仕事が求められます。

もちろん、それには完成度や成果が伴います。

取引相手やクライアントがいれば、相手の業績や仕事、立場にも影響してきます。

公務員は、今日やりきらないといけない仕事は、議会以外ではあまりないはずです。

確かに議会前や議会中は、民間並みに超大変ですけどね。

民間企業は、仕事のスピードが公務員より20倍ほど早いので、あなたもそれを意識してください。

公務員から民間企業転職に向いている人とは?タイプは?

③上司からいわれる言葉や、会社から求められるものが違いすぎます。

 『今月の売り上げはどうや?』『経費使いすぎだろ!何考えてるんだ?』など、公務員時代には、あまり言われなかった言葉が、上司から頻繁に飛んできます。

競合を追い込んで潰すには?なんてことも普通の会話であり、会議もそれが目的で行われたりします。

民間企業は限られたパイの中で奪い合いを繰り広げているのです。

公務員しか経験がない方にとっては、かなり異質に感じられるかもしれませんが、これは民間企業では当たり前です。

みんな仲良く公平に!という考えは、微塵もありません。

競合を潰してパイを奪って、売り上げをあげてなんぼです。

公務員時代は、課ごとに数年分の文房具などがストックされ、当たり前のように、あなたも取り出して使っていたと思いますが、それをしていたら、民間企業は潰れます。

売り上げてなんぼ。

利益を出してなんぼ。

赤字になったら、はいおしまい!

こんな感覚は、公務員には皆無です。

あなたや会社を見張っているのは、納税者ではなく、短期間で成果を求める株主だということを意識してください。

④社会のお役に立っている感は、あまりありません。

 公務員は、毎日毎日同じことの繰り返しで、やりがいを感じないかもしれません。

もちろん、大きなプロジェクトなど、そうではないことも多いのですが、何らかの形で社会のお役に立っている感があると思います。

反面、民間企業は③でも書いたように、売り上げ増、利益増で、他社なんて潰してしまえという感覚で仕事をしています。

消費者、お客さんのお役に立つから選ばれるのは民間企業も同じですが、根底には自分達の利益のためという計算や考えが当然あります。

そういうのが好きな人もいるので、どちらが良いとは言えないですけどね。

⑤今の時代、長期ローンなどは怖くて組めない。

公務員は住宅ローンなど、長期のローン審査は楽勝で通ります。

民間企業も昔はそうでした。

しかし、今のリストラ乱発、終身雇用崩壊の中では、民間企業の社員は怖くて長期ローンなど組む気になれません。

自分の意思とは裏腹に、いつ会社を辞めることになるか分からないからです。

いつ失業者、無収入になるか分からない。

40代ともなると、それをひしひしと感じるようになります。

家族の人生設計など、いつ狂うか分からない。

住宅ローンを35年で組んで、リストラされ、泣く泣く手放したり、夫婦で夜間にダブルワークしたり、自己破産する人も数多くいます。

あなたがもし、住宅ローンの債務者なら、民間企業への転職はよくよく考えてください。

いつ、その日暮らしになるか分からないですよ。

長期ローンなどがない方は、民間企業でひと勝負するのもありでしょう。

公務員から民間企業に転職したらどうなる?まとめ

代表的なものを色々書いてきましたが、民間企業でデカく稼ぎ、短期間で経済的に豊かになり、自由な生活をする、したたかな方もいます。

周到な準備と勉強が必要ですが、あなたがそれを目標にするなら、公務員より民間企業が良いです。

民間企業に転職したいなら、冷静にしっかり考え、準備して民間企業に転職してくださいね。

民間企業の方が向いている公務員もいるので、ただ何となくではなく、戦略を持って転職しましょう。

【民間企業へ好条件転職したいなら、これらのエージェントは登録しておきましょう】

【40代転職サイトおすすめ】実証済み戦略込み厳選12選

公務員から転職・起業まとめページ

公務員から転職・起業まとめページ

トップページ

ネクストキャリア2.0カテゴリー一覧

公務員・その他資格取得におすすめ

最新の公務員試験日程・概要もまとめてくれてるので超便利ですよ。

※公務員試験の日程は「講座一覧」⇒「公務員」⇒公務員試験日程・概要」からご覧ください。