公務員から転職に欠かせない転職サイト必須3選はコレ!理由も解説

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

これいいですよ!↓
【EYE 公務員試験予備校|公務員講座に関する個別相談】

公務員受験の無料個別相談をプロ講師が承っています。「あなたが知りたい情報」+「あなたが知っておくべき情報」をお伝えし、あなたにとって「有意義な時間」になるよう、親身になって対応いたします。営業や勧誘などは一切いたしませんので、安心してお申し込みください。

無料個別相談へ

(2022年7月31日更新)

「転職するなら転職サイトは必須だよね。」「公務員しかやってこなかったから転職サイトってどれがいいか分からない、、」

【ネクストキャリア実現サポーター】でライフコーチのがみさんです。

このページでは公務員から転職する時に欠かせない転職サイトを3つ理由と共に紹介します。

実は私も公務員から起業し、その後民間企業へ転職した経験があります。

この3つを押さえておくと情報量、サポートなど充実していますので失敗しにくくなります。

逆にこの3サイトを登録しておかないと、求人見逃しなどが多くなります。

転職サイト次第で転職は大きく左右されることも多いです。

せっかく転職するのだから、後悔しないためにも登録してことをおすすめします。

民間企業、公務員、公的機関いずれも充実していますよ。

公務員から転職に欠かせない転職サイト必須3選はコレ!理由も解説

●リクナビネクスト・・圧倒的な情報量

●ビズリーチ・・非公開求人の多さ・強力な転職エージェント・ヘッドハンター

●リクルート

●転職サイトに登録する際の注意点・必ずすること

公務員から転職に欠かせない転職サイト①リクナビネクスト

公務員からの転職に限らず民間企業からの転職の求人案件が最も多い転職サイトがリクナビネクストです。

多額の費用をかけて、まずリクナビネクストに求人を出すところが大半です。

私が採用側にいたときもリクナビネクストに出すのはマストでした。それほど反応が圧倒的です。

一般に公開されているオープン求人が中心ですが、圧倒的な求人数に驚くと思います。

公務員採用側もリクナビネクストには求人を出しています。

また、企業担当者や転職エージェントからのオファーも届きます。

サポートも充実し情報収集にもうってつけです。登録して求人の多さを見てみてください。無料です。

【リクネビネクスト登録はこちらから】

リクナビNEXT

 

公務員から転職に欠かせない転職サイト②ビズリーチ

公務員からの転職では年収も気になるところでしょう。

また、あなたのキャリアを買ってもらいたいという気持ちもあると思います。

そんなあなたに有効な転職サイトがビズリーチです。

民間企業での転職は転職エージェントやヘッドハンターとのコネも重要です。あなたの強い味方になってくれます。

私も49歳の転職の際にビズリーチで知り合ったエージェントに救われました。エージェントやヘッドハンターとは絶対に繋がっておいた方が良いです。

ビズリーチは日本各地のエージェントやヘッドハンターが数多く登録してあなたを探してくれます。外国のエージェントも。また、あなたからエージェントやヘッドハンターを探すこともできます。

ビズリーチは一般の求人サイトに出ていない非公開求人(クローズド)を扱っています。ヘッドハンターやエージェントしか持っていない求人です。

企業の社長、幹部、公的機関の代表、人事部長などからエージェントやヘッドハンターに直接依頼が来ているものばかりです。

民間企業、公的機関、行政機関など充実しており好条件の案件が豊富です。

履歴書と職務経歴書を登録しておくとオファーが届きます。英語が得意な方は英文レジュメも登録しておきましょう。

いま最も高性能な翻訳ツールがDeepL翻訳です。これで英文レジュメも作成できます。無料です。

DeepL(翻訳ツール)

 

【ビズリーチ登録はこちらから】

会員制求人サイト『BIZREACH(ビズリーチ)』

 

公務員から転職に欠かせない転職サイト③リクルートエージェント

公務員からの転職で欠かせない転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

最近は「公務員からの転職」もサポートしています。

求人案件はビズリーチ同様にクローズド案件ばかりです。

リクルートエージェントは巨大なリクルートという母体の組織力です。

様々な情報を取り扱っており、ビズリーチ同様に他では見つからない案件が豊富です。

登録しておくと一般では出回らない好条件のオファーが届きますよ。

 

【リクルートエージェント登録はこちらから】

【リクルートエージェント】

 

転職サイトに登録する際の注意点・必ずすること

転職サイトに登録しても、あなたの情報を登録しないと企業側も転職エージェントもあなたに気づきません。

また、オファー対象に上がりません。先方も検索機能を使って転職希望者をリサーチしています。

●登録したら、必ず履歴書、職務経歴書、希望条件など全て登録しておきましょう。

●自分のキャリア棚卸しをワードやGoogleドキュメントで行う⇒レジュメ登録

この順番で進めてくださいね。

●定期的に情報は更新しておいてください。例えば新しく身に着けたスキル、新しく配属され任された業務など。

●希望年収は公務員時代の年収と同じくらいか、若干高め(年収100万アップくらいまで)にしておいてください。

●あなたの希望もしっかり書いてください。

●退職理由などは書かなくて構いません。企業から聞かれたら「キャリアアップのため」「民間で力を試したい」などが良いです。間違ってもネガティブな理由は書かないでくださいね。

公務員から転職サイトまとめ

今回は公務員から転職する際に欠かせない転職サイトを理由と共に紹介させていただきました。

ここで紹介した①リクナビネクスト②ビズリーチ③リクルートエージェントには登録しておくことを強くおすすめします。

他の転職サイトは、この3つのサブ的なものとお考え下さい。

この3サイトを登録しておくことで求人案件を見逃すということが極限まで減ります。

必ずしも早期に転職する必要はありませんが、情報収集の意味でも早速動き始めましょう。

最新!公務員試験日程・概要

最新!公務員試験日程・概要 これは便利!最新の公務員試験の日程をまとめて更新してくれています。

あなたが受験する地方自治体や他の自治体の情報を確認することは、公務員転職にとって非常に重要です。

日々チェックして見逃さないようにしましょう。

令和4年度公務員試験最新日程(日々更新されています)

公務員受験についてのプロ講師による無料相談

これいいですよ!↓
【EYE 公務員試験予備校|公務員講座に関する個別相談】

【講師からのメッセージ】
公務員受験の無料個別相談をプロ講師が承っています。「あなたが知りたい情報」+「あなたが知っておくべき情報」をお伝えし、あなたにとって「有意義な時間」になるよう、親身になって対応いたします。営業や勧誘などは一切いたしませんので、安心してお申し込みください。

無料個別相談へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

ライフコーチ
はじめまして。ライフコーチのがみさんです。 本名は今神雄一と申します。 【専門分野】 《ネクストキャリア実現コーチ》 《ビジネスブログ(アフィリエイトプラス)構築コーチ》 《WEBマーケティングコンサル》 コーチング歴は会社員時代より23年間。 このサイトは、中でも【あなたが望むネクストキャリア実現】を目的に構成しています。 【私の40歳からの転機プロフィール】 ・40歳:日本マクドナルド⇒地方公務員へ転職/まちづくりプロジェクト ・42歳:公務員⇒カフェ起業・清算 ・45歳:どん底~半年で大手民間企業へ最就職/国内・海外マーケティング/PMO ・50歳:リストラに遭遇。正社員の道を捨て派遣しながらWEBビジネス開始 ・54歳~:パーソナルコーチング・キャリアコーチング・企業向けコーチング起業 これらが、厳しい40代を生きてきた私が具体的に提案できる【ネクストキャリア】です。 今は社会情勢的にも大変な方が多いと思います。 当サイトは、そのような転機にいるあなたの役に立てるよう、私が体験してきたことをメインにお伝えしています。 是非ブックマークして、今後のあなたの転機の乗り越えにお役立てください。よろしくお願い申し上げます。