公務員から民間企業に転職成功するための転職術・失敗回避策

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

【インプットは1.5倍速以上で耳からが効果的】

(*このページは2021年12月30日に更新されました。)

 『公務員なんか辞めて、俺は民間でバリバリやるぞ!』

おはようございます。【ネクストキャリア実現サポーター】でライフコーチのがみさんです。

今まで4ページに渡って、公務員から民間企業に転職する際に考えておいてほしいことを書いて来ました。

毎回書いていますが、私は民間企業から公務員に転職したこと。

公務員から民間企業に転職したことのどちらも経験があります。公務員後に40代で起業したこともあります。

どちらも後悔はありません。

何故なら、どちらも良い面、悪い面はあるし、公務員も民間企業も同じくらいやり甲斐はあるからです。

しかし、公務員と民間企業は仕事環境が全く違います。

だからこそ、あなたの個性に合うのか?について、あなたの性格や家族環境などをよく考えて判断してほしいと思いながら、今まで書きました。

今までお読みになり、それでも民間企業に転職したい!と強く思うのなら、今回書くことが役に立てると思います。

最後には、公務員から起業したい人向けの低リスクのおすすめビジネスも紹介します。

公務員から民間企業に転職成功するための転職術・失敗回避策

大きく3つに分けて説明していきます。

このページの流れ
  • ①自分が民間企業で貢献できるノウハウなど、何かを身につけておく。
  • ②理不尽過ぎることを気にしない。
  • ③スピードを超意識してください。
  • ④公務員に転職したい人とつるまない。
  • 40代が登録しておくべき転職サイト12選(民間・公務員情報満載)
  • 公務員から起業したい人におすすめのビジネス

①自分が民間企業で貢献できるノウハウなど、何かを身につけておく。

民間企業の社員なら誰でも考えつく資格などは、あまり転職成功には繋がりません。

例えば簿記など。僕も簿記1級ですが、転職に役立ったことはありません。

公務員の職場で身につけたノウハウより、自分の頭に自己投資して勉強して身につけた能力が1番です。

民間企業の社員は、間違いなくあなたより処世術に長けてるし、世渡り上手も沢山います。

熾烈な競争の中で培われた能力なので、今更あなたが太刀打ちできるものではありません。

だからこそ、あなたは、あなたならではの能力、ノウハウを持たないといけません。

やりたいことが食えることであれば良いのですが、ニーズがないと、たちまち転落します。

農業などをするのなら良いかもしれませんが、民間企業で競争相手の企業や同僚と闘っていくのであれば、あなたはニーズがある強みを持つ必要があります。

今でしたら、AIのプログラマやエンジニアなど良いと思います。

いきなり注目され、ゴボウ抜きできるでしょう。

英語なんて、ノンビリ屋が多い日本では、今でも強いスキルです。

これだけ英語が大切だというのに、英語に真剣に取り組む人が少ないのが理由です。

あなたは勉強が好きなはずです。

民間企業には、生き残るために自ら学ぶ人もいますが、日本ではあまりにも少ない。

しかし、公務員のあなたは、勉強は得意なはずです。

その長所をぜひ生かしてください。

また、行政とのかかわり方など、あなたが得意な分野も生かせると思います。

②理不尽過ぎることを気にしない。

理不尽すぎることは民間でも公務員でもあります。

もちろん、あなたも経験して来たことでしょう。

民間企業が公務員と違うのは、それがあなたの地位や収入、下手したら職にまで影響してくることです。

公務員は、どんなに理不尽でもいやな思いをしても、耐えれば職や収入は保証されます。

収入と職が保証されるかしないかは、とてつもなく大きな問題じゃないですか?

過度なプレッシャーや変な人間関係によるストレスは、公務員でも民間企業でも同じですが、民間企業は、あなたの立ち位置や収入に影響してきます。

立場が、、とか、そんななまっちょろい問題じゃありません。

あなたの存在に影響してきます。

敵は作らないにこしたことはないですが、そもそも気にしないようにしましょう。

③スピードを超意識してください。

民間企業でものんびり仕事をする人はいますし、行動が遅い人、いつも期限に間に合わない人、計画性がない人はたくさんいます。

そういう人はそもそも出世しませんし、脱落していく人たちです。

公務員の20倍のスピードを意識して、決まった期限は必ず守りましょう。

④公務員に転職したい人とつるまない。

民間には公務員に転職したい人がたくさんいます。

当然、あなたにいろいろ聞いてくるでしょう。

しかし、あなたがそんな人を相手にしたら、いったい何のために民間企業に転職したのか分かりません。

そして、そんな人は時間泥棒です。

彼らは安定がほしくて公務員になりたいのです。

あなたとは目的が正反対です。

できれば野心家や成果を出し続ける人と関わりましょう。

まとめ

今回は、当シリーズ(公務員から民間企業へ転職したい人向け)の締めくくりとして、民間企業へ転職した際の失敗回避策を書かせていただきました。

民間企業の転職成功術は、こちらのリンク内に詳しく書いています。

是非参考にしていただき、あなたの民間企業への好条件転職と活躍にお役立てください。

40代が登録しておくべき転職サイト12選(民間・公務員情報満載)

【40代転職サイトおすすめ】実証済み戦略込み厳選12選

公務員から起業したい人におすすめのビジネス

僕はここを卒業して、現在のライフコーチをしています。

インターネットでもできますので、起業したい方、副業したい人にむいているビジネスです。

そして、副業でスタートしたら、限りなくローリスクです。

また、実は公務員出身者が多いのも特徴です。

ぜひ読んでみてくださいね。

自分ブランド革命怪しい?実際に経験した私が正直に感じたことを説明します

公務員・その他資格取得におすすめ

最新の公務員試験日程・概要もまとめてくれてるので超便利ですよ。

※公務員試験の日程は「講座一覧」⇒「公務員」⇒公務員試験日程・概要」からご覧ください。