公務員から民間企業転職に向いている人とは?タイプは?

【社会人の失敗しない公務員転職術】のコンセプト

【社会人の失敗しない公務員転職術】に訪れて頂き、誠にありがとうございます。当サイトは、「社会人採用枠で公務員転職をしたい方」に向けて、私の成功体験から、働きながら効率的に1年で準備できるノウハウや情報を整理して発信しています。特に社会人が公務員試験に合格するために最も重要な小論文対策のページは必読です。日々忙しいけど、勉強に何年も時間をかけたくないあなたの公務員転職に、是非お役立てください。がみゅ

【社会人対象公務員最新求人情報はここが一番】
リクナビNEXT

 

(*このページは2020年12月1日に更新されました。)

 『俺はただ毎日毎日決められた仕事だけしたくて公務員になったんじゃない!』

おはようございます。【社会人の失敗しない公務員転職術】のがみゅさんです。

当シリーズでは、公務員から民間企業に転職するのは正解なの?ということを中心に、6ページに渡り、どちらも経験した実態から解説しています。

ちなみに私は、民間企業から公務員へ転職。

公務員から民間企業へ転職どちらも経験していますが、後悔は全くありません。

どちらも良い面、悪い面あるからです。

それでは今回は、民間企業転職に向いている人について書いていきます。

是非あなたの転職判断にお役立てください。

公務員から民間企業転職に向いている人とは?タイプは?

3タイプに分けて説明しますね。

ここから下の流れ

①自分の人生を自分らしく生き、早いうちに経済的にも成功したい人

②勉強を続けられる人

③変化に対応できる人

まとめ

まず一番向いているというか、公務員を飛び出して民間企業へ転職か事業をした方が良い人がいます。

それは、

公務員から民間企業向いている人①自分の人生を自分らしく生き、早いうちに経済的にも成功したい人。

公務員では、それは叶わないことは、公務員のあなたはよくご存知だと思います。

このシリーズで民間企業の本当のところを色々な側面から書いてきましたので、最近のページを読んでいただくと分かると思います。

民間企業といえども自由があるかと言えば実はそうでもなく、競争とハイスピードの中で生き残っていかないと、どんどん収入もポジションも下がっていきます。

忖度や変な社内政治、しがらみなども、もちろんあります。

嫉妬やひがみ、やっかみ、足引っ張りなどもたくさんあり、人の不幸を喜ぶ人もたくさんいます。

このような人は、安定収入があり身分保証がある公務員にはあまりないのではないでしょうか?

足を引っ張る理由があまりないからです。

少なくとも私は公務員時代に、民間企業ほどひどい状態は感じませんでした。

変な人間関係のストレスは、公務員時代には想像も出来なかった程感じるはずです。

しかし、嫌なら辞めて自分に最適な職場を見つけられるなど、ポジション的に自由なのが民間企業です。

公務員より何者にでもなれる自由さは、民間ならではでしょう。

選択さえ間違えなければ、自分で事業をして成功する道もあります。

もちろん、超ハードですよ。

いま私が事業をやってて一番感じるのは、経済的成功への道って、こんなにも超ハードなのか!ということです。

しかし、私も今は本業の倍以上の収入を、WEBビジネスや投資で得ています。要は継続していくことが最重要だと感じています。

夢を大きく持てるのは、民間企業なのは間違いないです。

民間企業の実態もわかった上で、経済的に早く豊かになりたいと望むタイプは、公務員を飛び出して、民間企業に行った方が良いと思います。

じゃないと、人生を後悔するかもしれません。

公務員から民間企業向いている人②:勉強を続けられる人

公務員時代も人事異動したら、色々学んできたと思います。

有識者を呼んだり、シンクタンクの作った資料を読み尽くしたり、自分でも学んだり。

しかし民間企業は、勉強など自分に投資し続けないと、たちまち競争から脱落し、淘汰されていきます。

収入や地位まで落下していきます。

公務員は、学びの場が用意される義務教育。

民間企業は頑張りたい人だけ通い、頑張った人だけがスキルアップでき、認められる英会話スクールみたいな場所。

個人事業は無人島。誰も助けてくれない。でも、どうにかしないと生きていけない。

これくらい違うと思ってください。

学ばない、勉強しない社会人が非常に多いのですが、その分、勉強し続ける意志があれば、周囲に大きな差が出るとも言えます。

帰宅して美味いビールを飲むのと趣味が楽しみという方は、せっかく公務員なのだから、民間企業には転職しない方が身のためです。

公務員から民間企業転職向いている人③:変化に対応出来る人

あなたもご存知のように、社会の変化スピードは壮絶過ぎる他早いです。

求められる能力も、年単位で変わります。

②で書いた勉強し続ける意志も含めて、変化に柔軟に対応できないと、たちまち淘汰されてしまいます。

安定的に決まった収入が毎月入ってきて、それが定年まで続く公務員とは違い、民間企業では、変化に柔軟に対応できないと、収入や職まで失いかねません。

それだけ公務員は恵まれているし、甘い環境にいるんです。

もちろん公務員になるために頑張ったあなたに、必然的に巡ってきた恵まれた環境です。

それはそれで、とてつもなく素晴らしいんです。

うかつに手放すポジションかどうかを、しっかり冷静に見極めてくださいね。出たらなかなか戻れませんよ。

まとめ

変化して柔軟に対応でき、学び続けられる意志があるなら、民間企業に転職し、成功することは、あなたにも出来るはずです。

今回は公務員より民間企業に向いているタイプを、3つ紹介しました。

早いうちに経済的に成功するなど夢があり、家族の理解も得られ、勉強を続けられる意志があり、変化に柔軟に対応出来るなら、あなたは民間企業の方が向いていますし、精神的にずいぶん楽なはずです。

所属している会社でやりたいように出来なくても、他は自由です。

人生設計も自由です。

民間企業には、そんなことを望む方が向いています。

頑固な方は無理。

時には食えない不遇な時期があっても耐え抜き、頑張って自己投資出来るなら、経済的な夢を実現できる可能性が公務員よりずっとある、是非民間企業に転職しましょう。

 

前のページ

公務員から民間企業へ転職したらどうなる?経験から解説

次のページ

●公務員から民間へ転職して後悔するタイプとは?向いていない人は?

 

【40代転職サイトおすすめ】実証済み戦略込み厳選12選

私(がみゅさん)の自己紹介と当サイトのこと

はじめまして。【社会人の失敗しない公務員転職術】を書いているがみゅさんです。このサイトは、私が40歳(合格時は39歳)でマクドナルドの店長から公務員転職に成功した体験をベースに、民間企業で働いてきた社会人のあなたが公務員のキャリア転職に成功できるよう、具体的な対策や勉強内容・勉強方法・インプット&アウトプットの効果的な仕方・公務員事情などを一次情報として発信しています。

公務員になるのは難しいと感じている人が多いのは分かります。何故なら僕もそうだったから。でも、今まで社会人として民間企業で真面目に働いてきたあなたには、公務員合格の要素が十分すぎるほどあります。

当ブログは、僕の経験・同僚や後輩の経験・入庁して知った人事の課長や同僚から聞いたこと、その他入庁後に仲良くなった様々な人たちと働いて語ってみて分かったことの中で、あなたの公務員転職の役に立ちそうなものを選んで書いています。

公務員転職のノウハウ本は数多くありますし、塾もあります。このブログでは、実際に民間企業から公務員(県庁)に一発で合格し転職できた男からの応援という形で、今から公務員転職を目指すあなたに様々な情報を届けていきます。体験した本人にしか分からない情報満載です。

是非ブックマークして、今後もあなたの公務員転職にお役立てください。よろしくお願い申し上げます。

在宅ワークで月収30万も可能!在宅コールセンターの「コールシェア」

1年で公務員合格を目指すならここ!

社会人対象の公務員最新求人探しはリクナビネクスト必須