年下上司との付き合い方:40代転職あるあるを逆手に取る戦略

※当ブログは、「社会人の失敗しない公務員転職術」を拡充し、「あなたが望むネクストキャリア実現」を現実的な方法で応援するブログです。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

 

僕が自分をブランドにし、短期間で稼げるようになったプロジェクトです。(約2か月おきに募集があります。)↓

●じぶんブランド革命プロジェクト

年下上司 付き合い方

(2020年1月19日投稿)

『転職先の上司は俺より10歳下?』『俺、前の会社で長いこと部長やってて、部下は年下ばかりだった、、』『プ、プライドがぁぁぁ。。』

そのしょうもないプライドは捨てましょう。じゃないと転職なんてできません。

こんにちは。令和的転職成功コンサルタントのあみゅさんです。

あなたが40代で転職するに当たって、特にはじめての転職の方に意識して欲しいことがあります。

それは【転職先の上司は、あなたより年下ばかり】という現実です。

99%そうなるでしょう。公務員でも民間企業でも全く同じです。

そこで今回は、【転職先で一緒に働くことになる、年下上司との上手な付き合い方と、絶対にやってはいけないこと】について解説していきます。

年下上司との付き合い方:40代転職あるあるを逆手に取る戦略

あなたは年上の部下を受け持った経験がありますか?

あるとしたら、その時に相手のどのような点を尊敬できましたか?

それがわかると、今後のあなたの振舞い方やストレス回避策がわかってきます。

大事なことは、

・相手を変えようとは決してしないこと。

・年下上司と同じ土俵ではなく、社長など会社のTOP層と同じ土俵を見ておくこと。

・自分の振舞い次第で、相手の接し方や、会社内での評価が決まると、はっきりと自覚しておくことです。

私は40歳の時に、マクドナルドから佐賀県庁へ人生初の転職を経験しました。

公務員と言う特性上(年功序列)、入った年齢で職位が決まっていましたが、先輩の多くは年下でした。

当然、彼らから学ぶことが山ほどありました。

その後、民間企業に45歳で転職したときは、上司はほとんどが年下でした。

そして、年下上司、先輩との有効な接し方を身につけてきました。その中の代表的なものを紹介していきます。

年下の上司との付き合い方①:相手は先輩として敬いながら、さりげなくサポートする

こういう状況下では、相手が年下とか上司とか考えるより、相手がこの会社での先輩だと心から思うことが大切です。

すると、不思議と自分の変なプライドなど持たなくなるものです。

そしてもっと重要なことがあります。

ビジネス現場で困難なことを潜り抜けてきた経験は、あなたの方が数多いと言うことです。

あなたが経験して身につけた知恵は、新しい組織を救う可能性だってあるんです。

若い上司を先輩だと敬いながら、さりげなくサポートしてあげる態度が、大人のビジネスマンとしての貫禄です。

決して威張らず、偉そうにせず、さりげないサポート。

最初は職位では負けているけど、人間的魅力で自然に職位が上がる。

言い換えると、周囲があなたを上げてくれる。

・・こういう態度や考え方は、社長や直属以外の上司、女子社員、その他の社員も見ていますよ。

※女子社員の力・・あなどれません!

40代将来不安なら今知っておきたい50代60代の就業実態は?

年下の上司との付き合い方②:細かい気配りで、器の大きさを示す

疲れているようなら、ドリンクやチョコなどを差し入れするなど、さりげない気遣いをしてあげることも効果的です。

気に入られようとか、そんな小さい心ではなく、何も期待せず、大人のビジネスマンとしての振舞い方をしていると、居心地の悪さなんて感じません。

挨拶の仕方も、名前をつけてから『●●さん、おはようございます』と言うなど、相手が『覚えてくれてたんだ!』と感じるような工夫をしてみると、自分の居心地もずっとよくなります。

これは挨拶に限らず、相手の変化に気づいたときは具体的にほめること。『髪型変えました?』だけでも効果的です。

なぜなら、そういう声がけや気づきができる人は少ないから、あなたは一目置かれます。

掃除をしてくれている方に『いつも有難うございます』と声をかけてみるなど、大人として周囲への心配りがあると、不思議と居心地はよくなります。

そして、それを周囲はよく見ており、その人の口から思いがけない人の耳に伝わっていくものです。

それが思わぬ大出世や大抜擢につながることも多いのです。

自分からは求めないけど、いつの間にか周囲から押し上げられている。

・・こんな状況になれば、あなたは頼れるリーダーにだってなれます。

大事なのは、それを期待しての、わざとらしい行動は禁物だということです。

『さりげない何も期待しない、だけど大人の人間としての振る舞いをスマートにできる人』を目指してみてください。

年下の上司との付き合い方③:仕事への真摯な向き合い

私も転職先の上司から、『あみゅさんの仕事への取り組み方を見習わせたいですよ。みんなにも見せてあげてください。』と言われたことがあります。

まだ転職して1ヶ月ちょっとでの出来事です。

転職先では、今まで以上に丁寧で誠実な態度で、仕事へ取り組むことを推奨します。

あなたもそうだったかもしれませんが、プロパーで長年勤めた会社では、色々なからくりや社内事情もわかって、コツみたいなものも掴んで、割といいかげんに仕事をしても何とかなったかもしれません。

時には適当な態度も、周囲は笑ってくれたことでしょう。

しかし、転職先ではあなたは新人です。そうはいきません。

今まで以上に、1つ1つの仕事に真摯に誠実に取り組む姿勢が、あなたを助けます。

そして少しずつ信頼されるようになります。

真摯で誠実に仕事に取り組む人を、例え上司であっても、適当に扱う気にはならないものです。

その態度は、尊敬してもらえますし、その上司も『自分もしっかりしよう』と思うようになります。

これは是非覚えておいてください。

【40代転職サイトおすすめ】実証済み戦略込み厳選12選

年下の上司との付き合い方④:話題が豊富

色々な話題を知っていることは、周囲はあなたに一目置いてくれるきっかけになります。

いくら相手がその社内では先輩で上司だとしても、世間の常識には疎かったりします。

その上司も、通勤中はユーチューブ観たり、スマホで漫画読んだり、ゲームばかりしているかもしれません。

政治や国内外情勢、他芸人やアーティスト、話題の映画や書籍、趣味など、あなたの話題が多いほど、周囲とのコミュニケーションはしやすくなります。

子供の育て方や家庭内の問題を乗り越えてきた経験なども、相手から頼りにされるきっかけになりますよ。

年下の上司との付き合い方⑤:武勇伝は話さず、キーマンにだけしっかり伝える

あなたは今まで(特に飲み会などで)上司の武勇伝を聞いたことがありますか?

あるとしたら聞いていて楽しかったですか?

あまり面白くなかったのではないでしょうか?

新しく入った会社でも同じです。

あなたの経歴は、多くの人に知られているはずです。

わざわざ自分の口から武勇伝は話さなくても、周囲はあなたに注目しています。

自分が行った仕事や意見、アイデアなどは、日報を出す相手にだけ伝えれば良いことです。

【あなたが只者ではない】と感じた人は、飲み会などで興味を持って、あなたに聞いてきたりします。

そのときだけ話して盛り上がればいいですよ。面白がられます。

年下の上司との付き合い方⑥:人生の先輩ビジネスマンとして相応しい話し方

日々の話し方も、とても重要です。

いかにも大人の、いくつも修羅場をくぐって成果を出して来た様な雰囲気は、話し方にも現れます。

結論を先に、その根拠を後付で。理路整然と落ち着いた話し方をするよう、心がけましょう。

また、飲んだ席や喫煙所でも、??と思われるような話題は避けるべきです。

丁寧語で、大人のビジネスマンとして会話をするよう心がけてください。

また、若手が喫煙所などで職場の噂話や愚痴を言っていても、それには加わらないようにしてください。

年下の上司との付き合い方⑦:日報など文章でビジネススキルを示す

これは上記で書いたことの応用です。

ビジネス現場で培ってきた説得力は、あなたの方が上なんです。

それを端的に表すことができるのが、日報や稟議書、企画書などの文章です。

プレゼンもそうでしょう。

たった1枚のレポートでも、わかりやすく伝わる文章を心がけてみてください。

年下の上司との付き合い方⑧:女性の先輩には特に気を使う

女子社員は特にあなたを見ています。

差し入れなども、女子社員には特に効果的です。

反面、言動には注意してください。

女子社員との接し方が上手い人は、仕事もできるものです。

しかし、諸刃の剣でもあるのです。

セクハラと受け取られるような言動には、特に注意してください。

若い男性社員が下ネタで盛り上がっていたとしても、あなたは加わらないほうが無難です。

年下の上司との付き合い方⑨:見た目には、今まで以上に気を使う

おじさん=くさい、頭の毛が薄い、顔がたるんでいる、不潔というイメージが先行することを意識してください。

あなたはそれを良い意味で裏切ればよいのです。

出勤前にはシャワーを浴び、必要以上に脂肪は身につけず、ひげも剃って、スーツもシャツも靴もびしっとしている。

こういう大人の男性が、嫌がられるはずがありません。

中途半端な白髪放置や爪を切っていないなど、おっさん度に拍車をかけます。

加齢は仕方がありませんが、女性同様、年齢に抗う努力はしましょう。

こううところも、女性社員はよく見ていますよ。

年下の上司との付き合い方⑩:最低限のPCなどデジタルスキルは身につけておく

『使えないおっさん』と言われる筆頭は、【誰もが当たり前にできると思っているPC操作】ができないというパターンです。

私が知っている当時57歳で転職して来た方は、【ある企業の経営企画室の副室長】をしていましたが、PCのデータの保存もできませんでした。コピペももちろんできませんでした。

以前は、PCについては、なんと【女性社員にやらせていた】らしいのです。

たちまち、【使えないおっさん】の烙印を押されていました。

その方は、異常に【年下の上司からの指導】に対し、悔しそうにしていました。

そして3ヶ月で辞めてしまいました。

しかし新しい職場では、自分で全てする覚悟が必要です。

あなたがもしPCが苦手でも、数冊の本を読めば学べることです。

転職先で【教えてくれ】と言ったら時間泥棒になりますし、嫌われるだけです。

ドキっとしたのなら、さっそくPCは最低限使えるように勉強しましょう。

年下の上司との付き合い方NG編:絶対に職場でおこなってはいけないこと

セクハラと受け取られるような発言:致命傷になります。

すぐキレる:こういう態度は、40代の転職者にとっては命取りです。

不潔:いうまでもないでしょう。

以上、いくつかまとめてみましたが、40代で転職したあなたが、年下の上司と上手く付き合う秘訣は、自分の振る舞い方にかかっているということです。

自分が大人のビジネスマンとして振舞っておくと、自然と周囲から信頼を得られるようになり、大事な仕事を任せてもらえるようになります。

結果、最初は上司だった年下の方が部下になったり、頼ってきたりするものです。

ガツガツせずにスマートに!を心がけて振舞ってみてくださいね。

周りがあなたを放っておかないようになりますよ。

 

社会人の公務員転職の今は?募集が急増しているのはご存じですか?今年は大チャンスです!

 

 

TOPページ(このサイトの目的と、私の自己紹介)

40代で転職を初めて経験した僕からあなたへ 

 

 

 

短期間でじぶんをブランドにし稼ぐ技術を身に着けたい方向け

僕が自分をブランドにし、短期間で稼げるようになったプロジェクトです。(約2か月おきに募集があります。)↓

●じぶんブランド革命プロジェクト

あなたのネクストキャリア探しセッション申込みはこちら

コーチング技術を使った【あなたのネクストキャリア探しセッション】をZOOMで行っています。

こんな方には特にお勧めです。(他でも可)

①ネクストキャリア・・あなたのブランドを見つけてお仕事にしたい方

②公務員転職の肝
・どんな課題の小論文でも6か月で書けるようになる、文章校正、情報収集、ライティング習得。

他、ご希望により、社会人が転機でぶち当たる壁について、課題を探し目標設定をします。そして、目標達成の技術も体感していただけます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
(ネクストキャリア探しセッションは無料ですが、時間は3時間半確保してください。事前アンケートを送りますので、必ず返信してください。有意義で方向性がずれないために必要です。)