会話テクニック:相手が内容を覚えてない?プリフレーム使うといいですよ

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

(2022年1月29日投稿)・・インスタグラムに投稿したものです。

「何で私との会話に集中してもらえないんだろう?」「課長の会話って、何言いたいのかわからないし飛ぶのよね。」

おはようございます。【ネクストキャリア実現サポーター】でライフコーチのがみさんです。

今日は、相手に会話に集中してもらうテクニックとして、コーチングセッションでよく使う「プリフレーム」という会話テクニックをご紹介します。

また、何を言いたいのかわからない相手に逆プリフレームをかけることもできるので便利ですよ。

お仕事のプレゼン、営業、面談、恋愛、友人との会話など、多くの場面で使えるので、是非参考にしてみてください。

会話テクニック:相手が内容を覚えてない?プリフレーム使うといいですよ

【相手がトーク内容に集中出来るプリフレーム】

僕らコーチング技術を使う者は、セッション中、セミナー中の冒頭にプリフレームなるものを相手にかけます。

『プリフレーム?何それ?何かの魔法?』

魔法とかでは無くて、コーチじゃなくても知恵や経験で分かっている人は、仕事や恋愛、家庭など色んな会話の最初に意識して使っているものです。

あなたも意識しなくて使っている時もあると思います。

簡単に言うと『今から●●について話しますね』というものです。

皆さんの会社の上司や旦那さん、恋人に、こんな方はいらっしゃいませんか?

『いったい何を言いたいの?』『あの人の会話って飛ぶよね。』『あの人、唐突に会話が始まるよね。』

挙句には、『何考えてるか分からん』

こうなると、あなたに届く話の内容は、効果が半分以下になってしまいませんか?

話をするだけ時間がもったいないと思いませんか?

逆の立場でもそうなってしまいます。

そうならないように、予め会話のはじめにプリフレームをかけてしまうんです。

『●●について話しますね。』と。

あなたの会社で上手いファシリテートをする方、会議で内容が入ってくる人、プレゼンが上手い人はいませんか?

こういう方は、プリフレームをかけるのが本当に上手です。

更に上手い人は、時間についてもプリフレームをかけます。

『今から●●について、10分ほど話してもいいですか?』

すると、相手は安心して話に集中してくれます。

いつ終わるか分からない話やダラダラ会議は嫌ですよね?

内容も覚えてもらえません。

もしあなたの上司がプリフレームを知らないなら、

『いま10分くらいなら大丈夫ですよ。』『どんな内容ですか?』

と、あなたからプリフレームをかけると良いですよ。

みんな忙しいんだから。

会社なら業績や従業員のパフォーマンス、離職率にも悪影響。不要な残業も発生したりします。

ご家族や恋人、友達との会話でプリフレームかけないで続けていると、

相手がイライラしてきたり、避けるようになったりしかねないので、気をつけたいものです。

堅苦しい場面じゃなく他愛もない話の時でも、予め大体の時間くらいは合意しておきましょう。

話し相手への、ちょっとした配慮の共有でした。

【プリフレームをかけると、関係が良好になり影響力も増す】

それでは、最近は寒暖差が激しいので、工夫して体調管理していきましょう。

 

あなたの「変わりたい!」を実現させる影響力最大化コーチの紹介です

「変わりたい!」「影響力がほしい!」あなたを【影響力最大化コーチ】が実現!

 

がみさんのインスタグラムフォローお願いします

最新!公務員試験日程・概要

最新!公務員試験日程・概要 これは便利!最新の公務員試験の日程をまとめて更新してくれています。

あなたが受験する地方自治体や他の自治体の情報を確認することは、公務員転職にとって非常に重要です。

日々チェックして見逃さないようにしましょう。

令和4年度公務員試験最新日程(日々更新されています)

公務員受験についてのプロ講師による無料相談

これいいですよ!↓
【EYE 公務員試験予備校|公務員講座に関する個別相談】

【講師からのメッセージ】
公務員受験の無料個別相談をプロ講師が承っています。「あなたが知りたい情報」+「あなたが知っておくべき情報」をお伝えし、あなたにとって「有意義な時間」になるよう、親身になって対応いたします。営業や勧誘などは一切いたしませんので、安心してお申し込みください。

無料個別相談へ