男女の違いあるある①:問いかけ方で反応も影響力も違う

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

【インプットは1.5倍速以上で耳からが効果的】

(2022年1月28日投稿)・・インスタグラムに投稿したものです。

「あの人って決めつけるよね?」「自分の言ってることが全部正しいと思ってるの?」

おはようございます。【ネクストキャリア実現サポーター】でライフコーチのがみさんです。

今日は、男女の違いあるあるネタ「男女で違う問いかけ方編です。

普通の会話でも文章やLINEなど男女で問いかけ方をちょっと変えると、反応や影響力が変わってくるということを書いていきます。

男女の違いあるある①:問いかけ方で反応も影響力も違う

最初に断っておきますが、すべての男女がそうだということではなく、このような傾向が強いということです。

【傾向として男は単純。女は慎重】

どういうことか例を出して説明しますね。

あなたが、何かの副業で稼ぎたいとします。

そこで、大体の男性は、ロジック並べて、『これすれば稼げると思いますよね?と』言えば、『はぁ、そうですね』となりやすい。

しかし、女性はそうはいかない人が多いと言われています。

慎重だし損はしたくないし、リスク回避したい傾向が、男性より多いと言われています。

(特に旦那さんから)押しつけられるのが嫌と言う傾向も、インスタで女性の皆さんの投稿見てても分かりますよw

だから、先日の投稿でも書いたように、本音を代弁してあげ、共感とベネフィットを感じてもらい、

『あなたもこれなら稼げると思いませんか?』と投げかけると、ご自身で決めたとなりやすい。

・『思いますよね?』

・『思いませんか?』

似ているようで、受ける印象が全然違うと思いませんか?

女性へのアプローチは、『思いませんか?』と投げかけた方が、刺さりやすいと思います。

つまり、行動してくれやすい。

本業でも副業でも恋愛でも使える方法だと思います。

皆さんなら、どちらの投げかけをしますか?

よかったら、意識してみてくださいね^ ^

 

あなたの「変わりたい!」を実現させる【影響力最大化コーチング】の紹介をしています

「変わりたい!」「影響力がほしい!」あなたを【影響力最大化コーチ】が実現!

 

がみさんのインスタグラムフォローお願いします

1時間セッション申込みはこちら

コーチング技術を使って【1時間セッション(2000円)1時間超える場合は30分1000円の延長料金】をZOOMで行っています。

ご希望がない限り、私からその後の本契約をご案内することはありませんので、お気軽にご連絡ください。

こんな方には特にお勧めです。

①今後のキャリア相談・・転職や人生の転機にいるなど、今後の生き方の相談。

②コーチング起業したい方の相談。

③公務員転職・公務員から転職や起業などの相談。

④アラフォーから40代の転職・起業相談

⑤組織のリーダーが抱える相談。

他、ご希望により、社会人が転機でぶち当たる壁について、課題を探し目標設定をします。そして、目標達成の技術も体感していただけます。相談感覚で、お気軽にお申し込みください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇