公務員って実は最強?その答えと理由を民間企業と比較します

【社会人の失敗しない公務員転職術】のコンセプト

【社会人の失敗しない公務員転職術】に訪れて頂き、誠にありがとうございます。当サイトは、主に30代40代で転機を迎えているあなたに向けて書いています。

主に「社会人採用枠で公務員転職をしたい方」に向けて、私の成功体験から、働きながら効率的に1年で準備できるノウハウや情報を整理して発信しています。特に社会人が公務員試験に合格するために最も重要な小論文と面接対策のページは必読です。公務員転職や脱どん底に何年も時間をかけたくないあなたのお役に立ててくださいね。がみゅ

※体験セッション受付中です。(一番下にお申し込みフォーム)
①公務員転職の肝
・どんな課題の小論文でも6か月で書けるようになる、文章校正、情報収集、ライティング。
・社会人経験者の公務員面接対策
②人生どん底からでも短期間で這い上がる方法
③転機に意外と重要!筋トレ若返りダイエット

(2020年8月29日投稿)

「あ~~副業したいけど本業が忙しすぎて時間がない…今日もまた残業…」「せっかくプログラミング覚えようと色々揃えたのに、帰宅したらしんどくて全然進まない…朝からクタクタ…」

おはようございます。【社会人の失敗しない公務員転職術】のがみゅさんです。

今回は現代社会において【公務員は実は最強なのか?】ということについて触れていきます。

あなたは冒頭のセリフのように日々嘆いていませんか?嘆いているなら、気持ちは前向きに動こうとしている証拠。何も考えてない人よりずっと優秀です。

でも、やっぱり将来のための準備もしっかり進めたいですよね?その邪魔をしているのは上司ですか?しょっちゅう飲みに誘ってくる同僚ですか?職場内での変な人間関係ですか?実は奥さんや彼女?彼氏?

あなたはこのページを読むことで、公務員は最強なのか知ることができ、賢明な準備をする決断ができるようになります。

公務員って実は最強?その答えと理由を民間企業と比較します

このページの流れ
  • ①公務員って最強?:公務員は自分時間を確保しやすい
  • ②公務員って最強?:公務員は肉体的にあまり疲れない
  • ③公務員って最強?:公務員は収入面で安定している
  • ④公務員って最強?:公務員は計画的に将来の準備ができる
  • 公務員って最強?まとめ

①公務員って最強?:公務員は自分時間を確保しやすい

公務員の就業時間は属する自治体などによって変わりますが、行政ならだいたい8:30~17:30などです。

議会がない期間などは、期限に追われることなく、8時間できっちり上がれます。そもそも公務員の仕事は、昨日今日で突然降ってきた仕事をすぐに今日中に終わらせるなど計画性のないものは、あまりありません。(消防や警察、病院など特殊な業務は別)

ほとんどが、比較的長期のあらかじめ計画されたことをたんたんとこなしていきます。たまに出張や災害対策などで遅くなることはありますが、たまにです。

あなたが今いる会社のように、毎日、毎週、毎月のノルマや目標はなく、短期で狩猟民族のような仕事はしない。じっくり練り上げて進めていく仕事が大半です。

日頃の雰囲気は比較的のんびりしています。朝礼後はまずコーヒー飲みながら新聞を読んでいる(これも仕事)先輩がほとんどでしょう。

そんな公務員でも、無駄に付き合い残業している人は大勢います。先輩や上司が帰らないと帰れない…これって実はポーズの仕事しているふり。

でも賢明な人は、17:30の就業チャイムと共に、けろっとした顔で「お先に失礼しま~す。お疲れ様でした~」と言って帰ります。

このような人には実は目的がある場合がほとんどです。僕などはたいがい17:30には退社していました。

理由は簡単。みんなが出社する前に毎日10誌ほど届く新聞に目を通し、上司に自治体関連の記事をさっさと上げ、朝礼後にのんびり新聞を回し読みするのではなく、自分の担当の仕事を朝一からしていたからです。17:30に上司の目を気にする必要もなかったということです。

僕の後輩に、とても賢い30歳の男性がいました。彼はさっさと帰宅し、土日も含めて一級建築士の勉強をしていました。当然一発合格。こういう賢明な人材は、既存の公務員にもいます。

退社して頻繁に飲みに行く人は、あまりいなかった記憶があります。それは愚痴を吐くほどストレスが溜まっていないからでしょう。

精神的なストレスは民間企業以上にありますが、後でも触れる収入面での安定感は大きいと思います。

あなたも公務員になったら、就業時間が終わったらさっさと帰宅して、家族と夕食を囲み、それ以外の時間は自己投資に励んで自分を強化すると良いですよ。

②公務員って最強?:公務員は肉体的にあまり疲れない

公務員は行政の場合は特に、事務作業が仕事のほとんどを占めます。座り仕事ですね。

肉体的にはほとんど疲れません。ゆったりしたもんです。

身体がなまるかもしれないですよ。

しかし精神的には民間企業並みかそれ以上に疲れることも多いのは事実です。

多くは人間関係ですが、そこは社会人経験者のテクニックとして、アンガーマネジメントすると良いでしょう。

アンガーマネジメントをご存じない方はかなり損しています。書籍も多く出ていますし、検索したら分かりますので、読んで実践してみてください。

精神的に疲れたからと言って、毎晩テレビを観て晩酌するのはおすすめできません。

将来のために自己投資はやっておきましょう。こつこつブログを書いたり、頭に自己投資したり、投資を学んで実践するのが今の賢明な自己投資でしょう。

③公務員って最強?:公務員は収入面で安定している

公務員の収入が安定しているというのは、あなたもご存じの通りです。当たっています。

少なくとも定年までは安定的に収入が自動的に入ってきます。休職してもです。

収入面の安定が、生活やあなたの精神状態を安定させてくれます。

この点が一番大きいのは間違いありません。

マイホームローンがあっても計画通りに返済できますし、貯金も投資もできます。退職金や年金ももちろんあります。

安定した収入を柱にし、定年後に向けた資産型のビジネス構築だってできてしまいます。

何かを学ぶのにも、効率的に学ぶことができます。

何より奥さんやお子さんの精神状態が安定するのが、とても良い一面です。

④公務員って最強?:公務員は計画的に将来の準備ができる

あなたもここまで読んでみて、公務員がなぜ最強なのか、うすうす感じてくれたと思います。

僕が考える【公務員がなぜ最強なのか】の筆頭が、①自分時間が確保しやすい、②肉体的に疲れにくい、③収入が安定していることからくる。これら3つからくる【将来の準備のしやすさ】です。

この点では、数多い仕事の中で最強でしょう。

焦って副業せずとも、じっくりブログなどで情報発信し、将来に備えていけば良いのです。

しっかりノウハウと発進したものを蓄えていけば、定年後はそれで食っていけます。

公務員って最強?まとめ

当サイトは、40代は将来への備えのために自己投資することを強烈におすすめしています。

僕もそうしていますし、これからは自己投資こそが身を守ることは、あなたもよくご存じの通りです。

その意志に対して。色々な邪魔が入りにくいのが公務員という仕事です。

そうなったら、いま民間企業にいるあなたが公務員に転職する理由はたくさんあるのではないでしょうか?

今を食いつなぐので精一杯かもしれませんが、少し先の将来に向けて、1年~2年ほど公務員を本気で目指すのも悪くないと思いますよ。

社会人の公務員転職の今は?募集が急増しているのはご存じですか?今年は大チャンスです!

【公務員小論文試験に役立ちすぎるメルマガ配信】アナウンス

このブログでは、

公務員転職成功者視点の小論文試験対策

・社会人の公務員論文試験と時事、専門分野と繋げて有効な小論文を作り上げる方法

・最新時事の意味と公務員として考えること

・最新公務員試験情報

・地方自治体が抱える課題と解決の糸口となる、その地方自治体が持っている強み

などを、メルマガで配信します。(2020年12月中にスタート・現在準備中)

準備ができたら早速配信スタートします。もちろんアナウンスします。

是非ブックマークして、それまで色々なページを読んでおいてくださいね。

公務員小論文対策①【人口減少社会】圧倒的な差をつける社会人の対策

体験セッション申込みはこちら(無料期間はもうすぐ終わります)

コーチング技術を使った【ZOOMで体験セッション(無料)】を行っています。
こんな方にお勧めです。
※体験セッション受付中です。(一番下にお申し込みフォーム)
①公務員転職の肝
・どんな課題の小論文でも6か月で書けるようになる、文章校正、情報収集、ライティング。
・社会人経験者の公務員面接対策
②人生どん底からでも短期間で這い上がる方法
③転機に意外と重要!筋トレ若返りダイエット

◇◇体験セッションで得られるもの◇◇◇◇◇◇
①自分の本当に望む人生、目標が明確になります。
②今、やるべきことが明確になります。
③その目標を絶対に達成するという決断をする状態になれます。
④目標に向かって行動を止めてしまっていた原因が分かります。
⑤目標達成した自分をありありとイメージすることが出来ワクワクします。
⑥モチベーションが桁違いに上がります。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(短期セッションは無料ですが、時間は4時間確保してください。事前アンケートを送りますので、必ず返信してください。あなたの正しい目標達成のために必要です。)