40代の転職面接対策:こう答えたら限りなく不採用パターン

※当ブログは、ライフコーチの私が主に40代以降に様々な転機を乗り越えてきた経験をもとに書いています。
主に、
・民間から公務員転職
・公務員から起業や民間へ転職
・40代以上の転職・副業・起業
など生き方のヒントになると思います。ぜひブックマークして、あなたが望むネクストキャリア実現にお役立てください。がみさん

ライフコーチがみさんプロフィール

(*このページは2020年9月15日に更新されました。)

『私はやる気と根性だけは誰にも負けません』『おお!元気がいいですね』

こんにちは。令和的転職成功術のあみゅさんです。

今回は、前回の【転職面接対策:内定をもらえる質問や受け答え方は?NG問答は?】に続いて、面接でこう答えたら落ちる。

あるいは、このような答え方をしたら間違いなく落ちるということについて触れていきます。

公務員転職における面接でも全く同じです。

このページを読むことで、あなたは最終選考の土壇場で、ライバルより落ち着いて有利に勝負できるようになります。

40代の転職面接対策:こう答えたら限りなく不採用パターン

面接には答え方のテクニックというものが、確かに存在します。

ここでは、よくありがちなミスについて紹介していきます。

あなたも、この答え方だけはしないようにして、内定を勝ち取りましょう。

まず、相手はあなたを40代の大人として、『大人対大人の交渉』と考えて面接をします。

覚えておいて欲しいのが、

  • 一次面接・・あなたがふるいにかけられる場・・いわば敵 
  • 二次面接・・あなたを採用しようと考えている場・・いわば味方

上記2点をおさえておくだけでも全然違ってきます。

それではNGの答え方を紹介します。

ここから下の流れ

①入る気がないと思われるタイプ
②相手が質問していることではなく、自分が言いたいことを熱中して話すタイプ
③頼りない・・声がうわずっているタイプ
④話が飛びまくるタイプ

①入る気がないと思われるタイプ

『転職エージェントの●●さんから紹介されたのできました。』

『なぜ、うちの会社に興味を持ったんですか?』と聞かれたときに、若い方がやってしまいそうな答え方です。

その言葉には、あなたが『この会社で貢献したい』というニュアンスが全く感じられません。

答えるならば、『●●さんに紹介され、御社のことを研究しました。その中で●●について非常に興味を抱き、私の●●のノウハウで貢献できると考えたからです』・・などと、具体的に答えてください。

先方が考えていることは、

  • 『この人はうちの会社で何をやってくれる人なんだろう?』
  • 『この人は何ができる人なんだろう?』
  • 『この人の今までの成果は、うちでも再現性があるのかな?』
  • この人は、うちに馴染むキャラなのかな?』

こういうことです。

そこで、大人としてではなく『●●さんに紹介されたからきました』というような、いかにも子供の使いみたいな答え方では、落ちてしまうのはご想像の通りです。

②相手が質問していることではなく、自分が言いたいことを熱中して話すタイプ

あなたの会社にもいませんでしたか?

相手の話を聞かず、自分が話したいことだけを延々と話すタイプ。

そういう人は、周囲から敬遠されていませんでしたか?自分に酔っていませんでしたか?

嫌われていませんでしたか?

あなた自身はそうではないですか?

実は、面接において40代など中高年のキャリアがある人に多いのが、このタイプの人です。

面接官が聞いていることを、しっかり受け止めずに、的確な答えを返していない。

余計なこと・・つまり、相手の質問には中途半端に答え、自分が言いたいことを話しまくる人。

絶対に不採用になります。

面接は、今までの人生の中でも最大級に傾聴が必要とされる場です。

まずは、先方が聞いている質問に集中して、それを答えてから自分の話を添えるようにしてください。

あなたは武勇伝ばかりを話す人が好きですか?

『それは分かったから、うちでも武勇伝を残してくれるの?』

と思いませんか?

③頼りない・・声がうわずっているタイプ

よく若い情報システム部などにいるタイプです。

声のトーンが高く、うわずっているようなタイプは気をつけたほうが良いです。

どことなく、うわついた軽い印象を与えるからです。

40代にもなって軽いチャラ男みたいに思われたらアウト!です。

このタイプは、電話などではねられる可能性も高いと考えてください。

相手は、あなたを大人のビジネスマンと思っています。

自分の地声のトーンが高くても、面接では意識して落ち着いた話し方をしてください。

④話が飛びまくるタイプ

早口な人に多い傾向です。

話が飛びまくるタイプは、もしかしたら頭の回転が良い人かもしれません。

でも、相手を疲れさせるタイプでもあります。

あなたは、話していて疲れる相手っていませんか?

早口で話が飛んでしまう人が、そういうタイプではないですか?

いろいろ伝えたいのは分かりますが、話が飛びまくる人は、面接のための準備もしておらず、自分の棚卸しもできていない、いわゆる整理ができない人です。

伝えたいことを絞って、結論から話して根拠を続ける・・こういうビジネスの基本ができていない人は、少なくともチーム戦のサラリーマンには向きません。

あなたも、話していて面白い、疲れない、ストレスを与えない人になりきって面接に挑んでください。

まとめ

今回は、面接で限りなく不採用になる話し方いついて紹介しました。

あなたは40代でたくさんの功績がある人でしょう。

でも、相手が求めているのは『うちの会社でも功績を残してくれる人なのか?』ということです。

意識して、面接の場を乗り切って内定を勝ち取りましょうね。

 

【2021年版公務員転職勉強進め方】経験を元に効率重視で最短戦略紹介

令和は民間から公務員転職成功し人生楽勝!?実際はどうなのか?

 

 

 

最新!公務員試験日程・概要

最新!公務員試験日程・概要 これは便利!最新の公務員試験の日程をまとめて更新してくれています。

あなたが受験する地方自治体や他の自治体の情報を確認することは、公務員転職にとって非常に重要です。

日々チェックして見逃さないようにしましょう。

令和4年度公務員試験最新日程(日々更新されています)

公務員受験についてのプロ講師による無料相談

これいいですよ!↓
【EYE 公務員試験予備校|公務員講座に関する個別相談】

【講師からのメッセージ】
公務員受験の無料個別相談をプロ講師が承っています。「あなたが知りたい情報」+「あなたが知っておくべき情報」をお伝えし、あなたにとって「有意義な時間」になるよう、親身になって対応いたします。営業や勧誘などは一切いたしませんので、安心してお申し込みください。

無料個別相談へ