40代転職面接で落ちるのを回避するための想定③:ブランクが長い

【社会人の失敗しない公務員転職術】のコンセプト

【社会人の失敗しない公務員転職術】に訪れて頂き、誠にありがとうございます。当サイトは、「社会人採用枠で公務員転職をしたい方」に向けて、私の成功体験から、働きながら効率的に1年で準備できるノウハウや情報を整理して発信しています。特に社会人が公務員試験に合格するために最も重要な小論文対策のページは必読です。日々忙しいけど、勉強に何年も時間をかけたくないあなたの公務員転職に、是非お役立てください。がみゅ

※公務員転職に限らず、目標達成は、自分自身の在り方・持っている課題を見つけ出す事が非常に重要になってきます。ZOOMで体験セッションを始めましたので、ご自身に最適な目標達成の方法を一緒に探しませんか?記事下にお申し込みフォームを貼っておきます。お気軽にお問い合わせください。

 

40代 ブランク 再就職 男性

(2019年12月30日投稿)

『退職して失業保険で暮らしていたら、いつの間にか半年経過してしまった、、』『転職が決まらなくて、ずっと派遣でアルバイトしていた、、』

おはようございます。令和的転職成功コンサルタントのあみゅさんです。

今回は、私も1度経験した『サラリーマンとしてのブランク』がある場合の、面接の受け答えについて紹介します。

社会人が公務員転職する際に、数年のブランクは結構なリスクですが、数か月~2年ほどなら、答え方やどのように過ごしたかで面接官が受けるイメージもかなり違ってきます。

ブランクが3ヶ月以上ある方は、ケーススタディをしっかり頭に入れて、賢く転職面接に備えましょう。

40代転職面接で落ちるのを回避するための想定③:ブランクが長い

まず40代でブランクが長い人は、色々な事情があることが多いものです。

ただ、この場合は伝え方がとても重要になります。

ここでも転職回数が多いにも関わらず、あなたを面接に呼んでくれたパターンと同じで、あなたに興味を持ってくれたという点はポジティブに捉えて、せっかくのチャンスをものにしたいところです。

ここで先方企業は、

①あなたがブランクが長くなった理由

②あなたがブランクの間に何をしていたか?

を知りたがっています。

まだ転職活動を始めたばかりのあなたは、今まで培ったノウハウやスキルが衰えないようにしたほうが得策です。

なぜなら40代の転職先は、あなたに即戦力としての活躍を期待しているものです。

あなたに20代の若者のように、入社したその会社で勉強して欲しいと思ってはいません。(もちろんビジネスマンとして、能力向上のための勉強という自己投資は絶対に重要です。今までの能力以上に、企業に貢献するための勉強。)

私はカフェを経営したことがあるのですが(残念ながら清算)、そのため3年近くサラリーマンとしてのブランクがありました。

再就職はとても厳しい状況でしたが、英語とUSCPA(米国公認会計士)の猛勉強をしました。結果、年収960万円で1年もせずに再就職が実現しました。

逆にゆっくり過ごした方も多いと思います。

嘘をつけとはいいませんが、例え『何もせずにゆっくりと過ごした』場合でも、伝え方が鍵になります。

40代でブランクが長い人の伝え方:例

『私は退職するまで、家族と過ごす時間がほとんど取れないほど仕事に没頭してきました。そのため、仕事の日は子供が起きている時に顔を合わすことが全くなかったほどです。どこかよそよそしく感じるほどに、子供たちとの関係に影響が出ていました。

そのため、せっかくの失業期間ですから、家族サービスをたっぷりと行い、出来るだけ多くの時間を家族と過ごしました。おかげで家族との絆は強くなりました。

前職で従事して来た仕事の専門性が衰えないように、専門書を読んでノウハウやスキルの整理もしていました。

また、新しい能力を身につけるために●●の勉強も行いました。

しかし、いざ転職活動を始めても、40代という年齢のためか、思うように転職活動が進まなかったという実情もあります。

書類選考で落ちることも数多くありました。

そのような中で、私を面接に呼んでいただいた御社には、非常に感謝しており感激しております。

だからこそ、ご縁がありましたら、最大限貢献したいと思っています』

このような感じで答えておくと良いでしょう。

相手も中年の大人の場合が多いものです。

『40代の転職ってそんな感じなんだ、、』『家族サービス・・自分もできてないよな、、』『この人は覚悟が決まっている。簡単に辞める人じゃない。』『おまけに勉強もしていたなんて、自分はそこまでできるだろうか?』・・と、自分と照らし合わせて、あなたに共感してくれますし、あなたの経験から学習してくれたりします。

40代でブランクがある人の転職は、このように思ってもらうのが鍵です。

伝え方がポイントだということが、わかっていただけたのではないですか?

あなたが望む、望まないに関わらず、ヘッドハンティング以外の転職活動は、かなり苦戦するのが現状です。

ブランクがあるパターンの転職準備でも、伝え方と言う点を意識して、せっかく呼んでもらった面接を乗り切りましょう。

公務員がするまちづくりってどんなこと?社会人経験者の場合は?

 

40代で転職を初めて経験した僕からあなたへ 

無料体験セッション申込みはこちら

コーチング技術を使った【ZOOMで体験セッション(無料)】を行っています。
こんな方にお勧めです。
・公務員転職小論文のコツを短期間で習得したい方。
・40代で転職したい方の効果的転職方法。
・人生どん底から這い上がりたい方。
・ブログアフィリエイトを始めたい方。

◇◇体験セッションで得られるもの◇◇◇◇◇◇
①自分の本当に望む人生、目標が明確になります。
②今、やるべきことが明確になります。
③その目標を絶対に達成するという決断をする状態になれます。
④目標に向かって行動を止めてしまっていた原因が分かります。
⑤目標達成した自分をありありとイメージすることが出来ワクワクします。
⑥モチベーションが桁違いに上がります。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

(短期セッションは無料ですが、時間は4時間確保してください。事前アンケートを送りますので、必ず返信してください。あなたの正しい目標達成のために必要です。)